クリスマスの日にお気にのコスプレイヤーが俺の家にやってきた!!上

クリスマスの日にお気にのコスプレイヤーが俺の家にやってきた!!上

クリスマスの日にお気にのコスプレイヤーが俺の家にやってきた!!上

この作品は、可愛い系統やコスプレが好きな人ならば楽しめる作品です。日本ではコスプレをするのが好きな人のことをコスプレーヤーといいます。

補足をすると、日本では昭和の時代にコスプレをするのは仕事関係の者だけでした。しかし、平成時代に『ハロウィン』を楽しむことが一般的になると、コスプレの文化が仮装をする『ハロウィン』文化と合体しました。当然ながら結果としてコスプレーヤーも増加しました。

では、ここから作品の詳細について書いていきます。

序盤では、彼女が数年以上いない独身の男性が1人で寂しいクリスマスを過ごしている場面が映し出されています。すると、そこにチャイムを鳴らすサンタの衣装のコスプレ女性が登場します。彼女は寂しそうな眼をしながら、同時に情熱的に男性に抱きついてキスを求めてきます。

この序盤では、コスプレ女性の綺麗な目と柔らかそうな唇にも注目してください。可愛い女性が情熱的に男性を求める姿が、視聴者の脳を何度も刺激してくれます。

中盤では、コスプレ女性の背中と尻と首筋を順番に舌で愛撫してピンク乳首を完全勃起させる主人公の男性のテクニックが楽しめます。乳首が完全勃起した後に、巨乳をわしづかみすると女性コスプレーヤーは完全に全身性感帯の状態になり、まだ本格的に触られていない下半身まで連動してうずき始めてしまいます。

後半は、「クリちゃんが嫉妬している!」や「大好きな君の下が入ってきた!」などの名言が、コスプレ女性の口から飛び出して視聴者の脳を刺激してくれます。

この後半では、主人公が可愛いコスプレ女性の下半身を何度も舐めて舐めて、さらに舐めまわしています。舐めるのが好きなマニアならば、舐め好きの主人公の気持ちが理解出来るはずです。

最後は、巨乳と綺麗な美マンコと可愛い顔が同時に確認出来るエッチなポーズを、女性コスプレーヤーが見せつけてくれる場面で終了です。終了時に続編を書く用意があることが宣伝されています。

総括をすると、この作品はエッチに積極的な感じの可愛い女性が好きな人ならば楽しめると思います。

念のために書いておくと、この作品はペニスの挿入場面はなくて、そのペニスの代打として舌が縦横無人(じゅうおうむじん)に動きまわって女体に連続刺激を与えています。

寂しいクリスマスの夜が、楽しい刺激名的な夜になるには、男性の努力と運が両方とも重要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。