S教師な加々見先生とM母な僚子さん

S教師な加々見先生とM母な僚子さん
S教師な加々見先生とM母な僚子さん

こんな作品だったよ!

この作品は離婚した女教師が、実の息子と変態関係になった経緯が描かれている作品です。現在と、過去が交錯することもありますが、丁寧に女教師が変態なセックスに喜びを感じるようになった理由に説得感をもたせています。補足をすると、離婚した女性が今回の作品のように十年以上セックスをしていないことはありえます。しかし、十年間の時間の経過は、新しいアクシデントで、簡単に変化することもあるのです。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、女教師の学校での厳しい対応が描かれています。厳しい対応からは真面目な教師と読者は思いますが、読者はその直後に驚かされます。なんと、帰宅した女教師は息子の前で興奮した表情をしているのです。この序盤では、息子の勃起ペニスから器用に精子を搾りだしたり、中出しセックスに興奮してオマンコを締め付けまくる淫乱な女教師の姿で読者は興奮出来ます。しかし、中盤で、読者は再度驚かされます。なんと、女教師を淫乱に調教したのは1年前の息子のエロ提案が原因だったのです。中盤では、1年前に話が戻り親子で勉強している様子が描かれています。女教師は勉強が得意なので、息子にも指導が出来るのか勉強は好きなようです。しかし、息子はあまり勉強が好きではないようで、勉強をすればするほどストレスがたまる体質のようです。そこで、ストレス解消に息子のぺにスを手コキする母子関係になっていったようです。こういう丁寧な中盤の描き方を見ていると、女教師の人間味がある部分も理解出来て、単純な変態さんではないことが分かってきて読者としての楽しみが増えてきます。

中盤の1番の見所は、息子の指導で濃厚フェラと手コキと中出しセックスが徐々に上達していく熟女の姿です。言葉にも変化があり、「中はダメ!」「頭が変になる!」「また、一緒に逝きたい!」という感じにエロ言葉が徐々に変化して、息子に褒められている部分にも注目してください。

後半は、職員室の机の上での変態セックスの場面や、セーラー服を着用した女教師のコスプレセックスとか、職員室トイレでの立ちバックセックスなど変態プレーが目白押しです。この変態プレーは全部息子の提案です。読者は、パンストに人工的に開けられた2個の穴から勃起ペニスを挿入する息子の姿や、立ちバックで顔を赤らめながら巨乳を揺らす女教師の姿から、変態的な性欲の強さを感じてください。

最後は、学校で掃除中に息子と女子生徒が仲良くしている場面に嫉妬する女教師の話の後に、仲直りに妊娠覚悟の中出しセックスを許可する女教師の話があります。読者は、最後のほうでは、女教師が息子のためならば何でもする女になったことに気づくはずです。この変態親子は妊娠中は、尻穴アナルを利用したアナルセックスまでする関係に絆を深めています。

総括をすると、この作品は、もしも変態な関係になる親子が少数ながらいるとしたら、こういう確率パターンもあるんだなと思い興奮出来るはずです。もちろん、日本の多くの親子は近親相姦などしません。エロ話の題材ネタは、少数派の確率論を想像して書かれているものも多いのです。ですから、仮想が混じったエロ話は面白いのです。
少しだけ追加で書いておくと、日本では時々受験勉強で有名学校の入学を強制した親に子供がついていけずに、息子が暴発して家族崩壊したパターンもあります。東京大学と言う言葉を連発して、息子を精神的に追い詰める親が時々いますが、東京大学は、入学時に好きな学部には入れません。東京大学入学後の1年生と2年生の成績で、学部が振り分けられるようです。東京大学は自分の希望する学部に入れないことも多いので、二重にショックを受ける人もいます。それよりも、自分の好きな分野の勉強が出来る他の大学のほうが将来の人間的な魅力が発揮できるような気もします。

作品サンプル画像

商品リンク先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。