ひなたの向こう。

ひなたの向こう。
ひなたの向こう。

こんな作品だったよ!

この作品は、純真な少女の姪の処女を奪う鬼畜な叔父さんの話です。舞台はド田舎なので、都会人の汚い心と、綺麗な自然の風景の比較も出来ます。制作者の田舎の描き方が上手なので、都会人の心の汚さが余計目立ちます。補足をすると、田舎にも都会にも悪い人はいます。田舎の自然は人間の心を浄化する作用があり、都会の映画館は、都会人の心を清めてくれます。しかし、この作品の主人公はストレスから汚い気持ちが増幅されていきます。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。序盤では、地方出身の主人公が都会での仕事で体を壊したことで、田舎の実家での静養を上司から勧められます。実家では両親がなくなり、姉夫婦と美人になった姪が住んでいます。この序盤では、感動的な姪と叔父さんの再会の後に、主人公の邪悪な心が増大していきます。久しぶりの再会に感動した姪は、主人公を水遊びに誘います。そこで、服を濡らしてしまった姪の姿に主人公は大興奮します。その後は、野外での放尿姿を主人公に見つかってしまった姪が、立ちバックの体位で処女を奪われ、2回戦の背面騎乗位のような体位で、強制的に女が逝くという感覚を教えこまれています。

読者は序盤では、大自然の綺麗な場所で心が綺麗な少女が処女を奪われる衝撃的な姿に興奮してください。少女は処女を奪われた後に、おじさんに向けて「何で!!」と呟いています。これが、信じていたものに裏切られたことに対する少女の抗議方法だと読者は痛感することも出来ます。誰だって綺麗な思い出として童貞卒業や処女喪失をしたいと思っています。でも、その時期や相手が自分の理想と、あまりにもかけ離れている時に人は心に傷を負います。中盤では、主人公が姪に変態セックスの複数種類を実験的に試すパターンが楽しめます。例えば、家の裏に呼び出してセックスをしたり、主人公の姉が料理中に顔射プレーをしたりするだけでなくて、姉夫婦が1階で寝ている時に姪に5連続中出しする場面もあります。この中盤で1番面白い場面は、姪っ子が叔父さんに覗かれていると知らずに、本気オナニーをしている場面です。叔父さんに女体開発された姪にっ子はオナニー中に潮まで吹くように進化しています。

後半は、夏の野外で媚薬を使用した背面騎乗位セックスや、森の大木を利用した立ちバックセックスの場面などがあります。自然が綺麗に描かれているので、後半の野外セックスには迫力も出ています。読者は、姪っ子が犯されながら、「エッチな身体で御免なさい!」と謝ったり「叔父さんのチンポ大好き!」と叫ぶ場面にも注目してください。犯されて感じてしまう姪っ子はドMさんだったようです。最後は、主人公が都会に帰ることになり、姪が見送りに来る場面です。姪は主人公のことを嫌いにはならずに、「妊娠してなかったら、今度は正月にたくさんエッチしようね!」と優しく呟いてくれます。こういう優しい子を凌辱しても主人公は、姪を自分の女にしたつもりになっています。この2人の正月の運命は、読者の想像にまかされています。総括をすると、この作品は純真な女の子が、純真な気持ちを失わない状態でエッチ好きになる展開が好きな人ならば楽しめると思います。例えば、純真な少女がセックス好きに調教されて精神崩壊までする過激作品で楽しめない人には、この作品は向いていると思います。読者の皆さんは、この作品の主人公のように悪い叔父さんにならないようにしましょう!現実の世界では姪っ子は大事にしてあげてください。

作品サンプル画像

商品リンク先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。