江戸時代の性の風習を続けているとある田舎町

江戸時代の性の風習を続けているとある田舎町

江戸時代の性の風習を続けているとある田舎町

江戸時代の農村では祭の時に乱交をしていたり、夜這いを割と普通にしていた。と言うのは、有名な話ですよね。明治時代になって警察であったり、駐在員と言う役回りの人が、村々の農村部で、これからは祭だからと言って、乱交などはしてはいかん!と注意をして回ったみたいなのですが、その時の農村部の人の率直な感想が、つまらん世の中になったもんじゃ。と言うものでした。素朴過ぎる感じですよね。

今回の作品は、そうした江戸時代の価値観が現代社会でも残っていたら。と言う事になりますので、身に付けている服や登場をしている家屋は江戸時代ではありません。

登場をしている女性キャラクターは結構ページ数を考慮すると多めになるのですが、全体的には同人作品にありがちなブリブリ系のスタイル中心になりますが、私自身としては叔母さんが一番でしたかね。ギャルのヤンキー系も出てくいますし、ロリ系のキャラクターも登場をしているので、出てくる女性の幅は広めに設定をされていました。

忌憚なく言えば、そこまで面白い訳でもないけれども、つまらなくもない作品でしたので、サンプル画像を見て頂き、うーん。まー、良いか。と思えるのであれば、お気に入り登録だけでもしておくのがグッドですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。