金さえ払えば、コスプレでもハメてもくれる ギャルを手に入れました(ネタバレ含む)

金さえ払えば、コスプレでもハメてもくれる ギャルを手に入れました(ネタバレ含む)

女は可愛くなるにもおしゃれするのも遊ぶのもヒモ彼氏にもお金が必要。
ギャル田中は日々バイトを掛け持ちしていて息切れ状態。
そんな中クラスメイトから「稼げるバイト」の誘いがくるが…
お金を稼げる一方で快楽に溺れていく
※6/6 本編 長髪verを追加しました。
※6/8 おまけ10P追加しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計50枚 冊子より40ページ分書き下ろし
本編34ページ
おまけ8P
カラー漫画 8P

まーまーだけれど、そこまでか?と思ったりした作品

何だか売れ筋ランキングに今回の作品となる『金さえ払えば、コスプレでもハメてもくれる ギャルを手に入れました』があったのですが、もうタイトルからして、自分の好みの作品とは別かな?とは予感をしていたのですが、やはりちょっと自分の中では違うな。と思えた作品となっていましたね。

素人!素人!素人!と言うのが好きな人は多いと思いますが、もうなんと言うか、私自身の知人にもいるんですよね。最近どころではない、もう随分前から同人アダルト動画作品なども増えておりますが、本当に最初の一本目とかであれば、それはメーカー作品とかでもありますし、出会い系アプリなどでも業者ではありません。とか書かれていたりします。

でも、ちょっと待ってください。それって、株式会社のラーメン屋か?自営業のラーメン屋か?の違いであって、業者だよ。同人アダルト動画作品に出ている女性なんて、もう場慣れした女性がほとんどで、これを素人と呼ぶのか?と言うレベルになりますし、もちろん、日本中の女性全員!と言う話になるのは大袈裟過ぎますが、もう売女だらけの世の中となってきています。

今回の作品も、おまけページにある風俗シーンで、ギャルの母親が風俗で働いているシーンが登場をするのですが、笑える位に金を取り過ぎですし、作中でも、いやいや、ここまで金が上がっているわけねーだろ。と思える位に価格が高騰をしています。でも、前に風俗で聞いた事がありますかね。本番させて!○○円払うから!と懇願するおっさんがいる。と言う話でしたが、それなら初めから鶯谷に行けよ。頭スカポンタン。と思ったりした訳です。ちなみに、その風俗の女性とは無料でさせて頂きました。

個人的には、表紙のギャルよりも、途中で出てきたギャルの方がルックスとしては好みになるのですが、私自身が金が介在をしている関係。と言うのが好きではないので、ストレートに言えば、最低人vs地底人。と言う感じの作品かな?と思いました。なんと言うか、感情がないんですよね。売れ筋の作品だからと言っても、自分に必ずしもマッチをする訳ではない。と言う当たり前の事を実感しました。

作品サンプル画像

購入先リンクとその他サイト

金さえ払えば、コスプレでもハメてもくれるギャルを手に入れました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。