痴漢電車 ~一度恥辱を受けたら濡れが止まらなくなったOL~(動画付き)

痴漢電車 ~一度恥辱を受けたら濡れが止まらなくなったOL~
痴漢電車 ~一度恥辱を受けたら濡れが止まらなくなったOL~

この作品は、ポッチャリ系の『御坂恵衣』さんが電車の中で集団痴漢をされる様子が楽しめるAV企画作品です。4人の男性に同時痴漢されて困惑しながらも痴漢の指示に従ってしまう気弱な女性の姿で興奮出来ます。補足すると、平成の時代に本物の列車の中でAV撮影をした人が逮捕されてしまったことで、今ではコント番組と同じ列車セットが痴漢物作品では使用されています。リアル列車は、痴漢される役をAV女優が演じていても、迷惑条例違反になるようです。AVの長い歴史は、地方自治体の条例の影響も受けていることになります。では、ここから作品の詳細について書いていきます。

序盤では、列車の中に男性が4人と『恵衣』さんが存在している状態が映し出されています。女性から見たら4人の男性が全員痴漢だとは考えていないので油断をしている状況です。視聴者は、1人の男性が背中を何度も『恵衣』さんの背中に押し当てる場面に注目してください。この背中ぶちあて行為は、女性が気弱かどうか確認する変態作戦です。もちろん、気弱と言っても泣き出す女性を痴漢は電車内で狙いません。理由は大きな声で泣かれたら痴漢行為に支障が出て、最悪は車掌に感づかれるからです。痴漢たちは大きな声を出さずに我慢するタイプの気弱女性を探している感じでした。

この序盤で1番興奮出来る場面は、背中の衝突を容認してしまった『恵衣』さんがスカートの中に手を入れられて恥じらう場面ではなくて、過激に集団痴漢される場面です。スカートの中に手を入れられた『恵衣』さんが痴漢に長時間責められている様子を見て、他の痴漢も大集合します。最初の痴漢がパンツの中に指を挿入する時には、2番手や3番手の痴漢は尻や乳を触って楽しんでいます。序盤の痴漢たちは調子に乗ると、最初の痴漢が座席に座りながら『恵衣』さんのクリトリスと乳首を責め続け、他の3人の痴漢が手コキプレーと濃厚フェラを『恵衣』さんに命じていました。過激な痴漢プレーで大興奮した男達は、精子をオッパイに向けて連続発射しているので、序盤から今回の作品は楽しめます。

中盤は、長身のイケメン会社員が『御坂恵衣』さんを電車の中で痴漢する別の話が楽しめます。『恵衣』さんは、イケメンの痴漢にパンツの中まで手を入れられると気持ちよいアエギ声を連発していました。視聴者は、電車の中でパンツの中に手を突っ込まれたついでに卑猥な長時間指マンまでされて感じまくる女体で興奮してください。『御坂恵衣』さんが感じている時のアへアへ顔と白い太腿は最高でした。襲われている時の女性の白い太腿は、映画やドラマで何度も見たことがありますが、今回のAV作品でも白い太腿は同じように魅力的に映し出されていました。

後半は、イケメンの痴漢に気に入られて『お持ち帰り』された『御坂恵衣』さんの話が描かれています。痴漢は、フェラで元気になると正常位での合体指示を出していました。視聴者は、この後半では、背面騎乗位と対面騎乗位で女性主導になるように命じておきながら、下からの強烈な突き上げで簡単に主導権を奪い取る痴漢の様子で楽しんでください。『恵衣』さんは、騎乗位の主導権を奪われて「あん!あん!あっ!あっ!」と何度も喜びの声を連発していました。もちろん喘いでいる時の顔は長時間に渡って『アへアへ顔』でした。

最後は、側位挿入でオマンコ汁が糸を引くようになってから、豪快に正常位中出しです。完全に素直になった『恵衣』さんは、「気持ちいい!」「あっ!ダメ!」という感じで卑猥な言葉を最後に連発していました。総括すると、この作品は、ポッチャリ女性の中でもエッチな伸びしろが多い女性が登場したと思わせてくれる作品でした。『御坂恵衣』さんは、本気で感じ始めたときの『アへアへ顔』と白い太腿の魅力を伝えてくれました。この作品は、ポッチャリ系の女性を責めるのを得意としている男優、が複数登場する作品を探している人にオススメです。ポッチャリ女性も女体攻略されると、すごく魅力的な女性に変身することがあります。

作品サンプル画像

仕事帰りの疲れた電車の中で、服の上からもわかる御坂恵衣のフェロモンは獣たちを引き寄せてしまいます。夜もふけた電車の中で一人、また一人と恵衣の身体を触ろうと手が伸びてきます。体を弄られ、股間に忍び寄る知らない男たちの手の感触に、身体をよじって感じ始める恵衣。次々に伸びて近づいてくる肉棒を片っ端から口に頬張り舐めまくり放出されるザーメンを身体に浴びせられてしまいます。こんなことが日常茶飯事になっていたある日、特別な感覚を覚えた一人の痴漢男に出会います。運命の出会いだと感じた恵衣とその男は、そのまま彼女の家に雪崩込み、スーツをきたまま濃厚なSEXを繰り広げるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。