マンコ図鑑 工藤れいか(動画付き)

マンコ図鑑 工藤れいか
マンコ図鑑 工藤れいか

この作品は、茶髪美人『工藤れいか』が自分の女体をドアップで見せてくれる作品です。陰毛の1本1本がドアップで映し出される様子は意外と興奮出来ます。補足すると、人間は自分の抜けた髪を手にとることがあります。その時に目に映る抜け毛の大きさと同じサイズで、視聴者は主演女優の陰毛を今回見られます。では、ここから作品の詳細について書いていきます。

序盤では、白の下着ショーツの女性が登場して「私のオマンコを見てください!」という感じの変態宣言をしています。その変態宣言をしたのが『工藤れいか』です。彼女は変態オナニーの経験が豊富なようで、下着ショーツの上に指をはわせて刺激すると、次に下着ショーツを手で引っ張ってオマンコに変態刺激を与えていました。

視聴者は、この序盤では、下着ショーツを横に引っ張ってオマンコを半分開帳する『工藤れいか』の姿にも注目してください。彼女は、その後は器用にクリトリスの皮を自分で剥いて(むいて)、クリトリスの卑猥な魅力を伝える役目も果たしていました。

中盤では、下着ショーツを脱いでオマンコ全開です。オマンコを指で押し広げた『工藤れいか』が、自分のオマンコの奥まで見せてくれます。じっくり確認すると、『れいか』が見せてくれたオマンコの奥は綺麗でした。視聴者は、この中盤では、淫乱オマンコの肉ひだと外周部分で元気に成長している豊富な陰毛の両方に注目してください。AV女優には、いろんなタイプの女優がいます。『工藤れいか』は、エッチな自分を積極的にアピールするタイプの女優です。

後半は、『工藤れいか』が小型デンマで過激にオナニーをする場面が中心になっています。彼女は気持ち良くなってくると「もう!ダメ!」と叫ぶ癖があるようです。後半部分を補足すると、何度も短期間で連続絶頂を繰り返すようなオナニーではなくて、1回のオナニーをじっくり楽しむようなオナニーでした。

最後は、大股開きのM字開脚状態で軽い絶頂に到達した『工藤れいか』が視聴者に向けて笑顔を見せてくれます。極太バイブが登場しなかった理由は不明でした。総括すると、この作品はオマンコと卑猥なクリトリスの魅力を伝えることには成功していましたが、オナニーはソフト系でした。簡単に言えばソフトオナニーです。この作品は、お金に余裕がある変態さんならば楽しめる作品です。AV初心者にとっては、製作者側の狙いが理解しにくい作品に見えるかもしれません。個人的には、この作品には極太バイブ投入と四つんばいバックでのオナニーが必要だったような気もしました。

作品サンプル画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。