【VR】全肯定カノジョ。贅沢2SEX「疲れとるん?お姉さんがギュってしたろっか?(笑)」早漏、絶倫の僕を関西弁で慰めつつ、全体位中出しで受け止めてくれる隣のHなお姉さん 古川いおり

【VR】全肯定カノジョ。贅沢2SEX「疲れとるん?お姉さんがギュってしたろっか?(笑)」早漏、絶倫の僕を関西弁で慰めつつ、全体位中出しで受け止めてくれる隣のHなお姉さん 古川いおり
【VR】全肯定カノジョ。贅沢2SEX「疲れとるん?お姉さんがギュってしたろっか?(笑)」早漏、絶倫の僕を関西弁で慰めつつ、全体位中出しで受け止めてくれる隣のHなお姉さん 古川いおり

【大人キュートなお姉さん、古川いおりが関西弁で優しく励ます…】
好きな体位で抜ける全体位中出し9射精!隣に住むちょいやさぐれ感のある感じの大人の女性。でも本当は心配性で、母性が強くて、僕の事を心配してくれる、ちょっとHなお姉さん。男の夢が全てつまった理想のアパート暮らし
『幸せホルモン促進VR』ー憂鬱な気分に支配されそうなとき、そっとボクを優しく包んで安心させてくれる。…だけじゃなく!早漏のボクを受け入れてお口と身体全部で受け止めてくれる理想の彼女。ー※辛い時、寂しい時、明日仕事に行きたくない夜に見てください!
〈収録内容〉キス、ディープキス、添い寝、前戯、手コキ、授乳手コキ、全身リップ、フェラ、69フェラ、騎乗位、覆い被さり騎乗位、バック、正常位、密着正常位、対面座位…他

長澤まさみのキンチョーのCMみたいな古川いおりちゃん

最初に廊下のシーンから始まるのは良いですね。朝は、まー、バッタリと遭遇をしたんだろうな?と思いますが、ネクタイを直してくれる古川いおりちゃん。ただ、不可解なのは夜ですね。朝の廊下のシーンが終わると、夜の廊下のシーンとなり、古川いおりちゃんが帰宅をしてきて、どうしたん?こんな所で、ボーッとして?と聞かれるのですが、本当だよね。廊下でボーッとしている人なんて、やべーよ。

あのな、色々とあるけれでお、今は病院でも良い薬も増えたし、診療内科でもメンタルクリニックでも、呼び方は何でも良いけれど、至って普通のクリニックだから、恥ずしい事はないから、おかしいな?と思ったら、早めにいけよ。俺は薬の副作用で、薬物惹起性うつ病と言う診断で診療内科に今も通っているぞ。変な人は見た事はない。強いて言えば、最初の頃は俺が変な人だった。行動と言うか、そう言う時って、変な人に見られたくない。と言う気持ちが強くて、自然の姿勢ではなく、妙に背筋を伸ばしているの。で、先生と初めての問診でボロボロ泣いちまったよ。もう数年前の話で、今も薬を飲んでいるから、抗うつ剤を服用しているけれど、泣いたりする事はなくなったね。

話を作品に戻しましょう。あのね。優秀。4ファイルの作品となるのですが、それぞれが分離独立をしている形となりますで、購入後にはストリーミング配信でサッと確認をして、自分が見たい!と思ったファイルをダウンロードすれば良いと思います。

必ず射精がそれぞれのファイルにあるのも優秀なポイントですし、最後の2ファイルだけ、ベッドの上となっているのですが、全体的に4ファイルの割にはシーンに些細ではありますが、変化が加わってくれているのも良い点になると思います。

どうでも良いんだけれども、古川いおりちゃんが、キンチョーのCMに出ている長澤まさみ風の話し方をしていて、それがまた様になっているのが何だか妙に面白かったですね。年齢的にも、同じ位なのかな?業界としては熟女デビューでもないのい、もうそろそろ熟女カテゴリーに入れられそうな年齢になってきていますが、相当若い時期から活躍をしている女優さんの一人になりますよね。特に不満がないのだろうから、今でもSODの専属ですかね?

上にも引用をしている作品紹介文で、憂鬱な気分の人にお勧め。みたいな事が書かれていて、もしかしたら、一定の効果はあるのかもしれませんが、本当に憂鬱な状態だったら、上にも書いているように、ちゃんと病院に行こうね。早めであればあるほど、治療の効果も通院の期間も一般的には早くなりますし、先生との会話は当然ながら、プライバシーは守られています。ただし、処方箋を受け取る時は気をつけろ。あそこにはプライバシーを守るのはあまりなくて、眠れないんです。と言う人が一番多いけれども、個人的に、お前さん、病院に来て正解!と思ったのは、運転中もカッ!となると、自分が抑えられなくなるんです。と言うケースね。あぶねーあぶねー。作品販売は2022年3月となっていて、画質レベルは時期相応となっています。

イメージ画像

作品、他、各種サイトリンク

お勧めの無修正VRサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。