クレーム処理のOLにカラダで謝罪してもらいました! Vol.5

クレーム処理のOLにカラダで謝罪してもらいました! Vol.5
クレーム処理のOLにカラダで謝罪してもらいました! Vol.5

この作品は、熟女の緒方千乃さんが何度も客から凌辱を受けている作品です。客は、新品の携帯電話を購入したけど、すぐに壊れたことで激怒していました。そこで、変態凌辱プランを勝手に設定して緒方千乃さんを凌辱したわけです。補足をすると、昭和の時代は土下座謝罪が多かったので、今回も緒方千乃さんは土下座での謝罪をしています。しかし、令和になると土下座謝罪の強制は強要罪になることが認知されてきました。令和時代は、ミスをした店員に土下座させたことで警察署に呼ばれるパターンも増えてきたので、クレーム客は土下座の強要はしてはいけません。自分に前科がついたら本末転倒です。令和時代は、土下座させる醍醐味はドラマやAVの中だけで楽しみましょう。一般庶民が土下座に大きく関与できたのは、昭和の昔です。今は、社長が社員に土下座を強要しても刑法の強要罪が適用されることが多いです。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤は、緒方千乃さんが客の自宅で土下座謝罪をしている場面からスタートします。客は新品の携帯が壊れたことに大激怒しています。しかし、客は激怒しながらエッチな作戦も考えているので、頭が良い人間だと言えます。頭が良い人間は、激怒しながらも次の展開を考えています。頭の悪い人間は、次の展開が描けていないので暴走して予想外の事件を起こすこともあるのです。しばらく時間が経過すると、クレーム客は緒方千乃さんに尻を丸出しにする変態土下座を強要します。そうして、次に彼女の背後に回ると尻を触って、マジックで落書きを開始です。「オマンコは自由にお使いください!」とか、「お客様専用マンコ!」などの落書きを尻にされた緒方千乃さんは、抵抗力を徐々に失っていきます。どうやら、変態クレーム客の言葉で洗脳状態になったようです。

中盤は、オマンコに振動バイブを突っ込まれて強制絶頂に追い込まれた緒方千乃さんが寝室に移動するように命じられます。そうすると、バックから突然乱暴に勃起ペニスを挿入されてしまいます。初合体は正常位なんていう常識は、変態客にはありません。視聴者は、巨乳を揺らしながらの四つんばいバック挿入や騎乗位を嫌々受け入れる緒方千乃さんの悲しい表情に注目してください。犯される女の悲しい表情を何度も見せてもらえます。

後半は、シックスナインの後に優しい正常位セックスです。変態客は、過激な責めと優しい責めの併用で女体の反応を見ているのです。変態客の目的は、女体を本気で気持ちよくさせて完全征服することだったのです。その後は、従順になった緒方千乃さんの騎乗位のあとに、再度の四つんばいバック挿入があります。「気持ちいい!」「ああ!ダメ!逝っちゃう!!」と叫ぶようになった緒方千乃さんを見て男性客は嬉しそうな笑みを浮かべています。

最後は、熟女の脚が最大限に開けさせられた状態での正常位中出しです。男性客は、満足そうに精子を発射しています。総括をすると、この作品は熟女が女体攻略される姿に大興奮する人に向いている作品です。

作品サンプル画像

仕事用に携帯100台、新品で買ったのに全部動かないとのクレーム対応でわざわざ自宅まで謝りに来たのに、下っ端の女社員が来たとさらに激怒する男。土下座をし、舐め回すように女を見る男。すると美尻がお気に召したのか、ノーパンにさせ、落書き。お尻で遊び出しました。M字開脚をさせ、マンコをローターで刺激。すると色っぽいアエギ声で感じ始める女社員・緒方千乃。顔面騎乗位で、クンニをすると、マンコがしっとり濡れて来たので、濡れたマンコへ挿入。高速ピストンを繰り返し、中出しへ。精一杯のクレーム対応!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。