ダイナマイト 初音ろりあ

ダイナマイト 初音ろりあ
ダイナマイト 初音ろりあ

この作品は、顔は童顔だけど女体は巨乳化して迫力がある『初音ろりあ』ちゃんの作品です。初音ろりあちゃんの巨乳は揉まれた時の弾力性が素晴らしいです。補足をすると、初音ろりあちゃんの巨乳は、小型電マで責められた時に軽く揺れると軽く小型電マをはじき返している感じなのです。他の普通の女優さんの巨乳ならば、小型電マが巨乳をはじいているように映し出されています。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、初音ろりあちゃんが紫色のセクシー下着で登場します。男優達は下着の上から過激な刺激を加えると、巨乳を乱暴に揉んでから濃厚フェラと手コキ射精を要求します。視聴者は、巨乳に向けて飛んだ精子の汚さと、精子に汚されても堂々と存在感を示す『初音ろりあ』の弾力のある巨乳の魅力を比較しながら楽しんでください。

中盤では、SMの紐で縛られながら、複数の小型電マで変態責めされる『初音ろりあ』の姿が楽しめます。特に、クリトリスと卑猥なオマンコに3本の小型電マが集められた状態で、乳首責めも行われる変態責めは凄かったです。こういうのを集中攻撃というのだと思いました。その他にも、SMの最中に過激な口内発射があり、『初音ろりあ』の口の中も精子で汚されています。この作品の目的は、過激に『初音ろりあ』の女体全身を何度も責めることだったのだと視聴者は中盤で気づくはずです。

後半は、2本同時ペニス舐めの後に立ちバック挿入です。激しい立ちバックに我慢するような声を上げながら、次の駅弁ファックや3P騎乗位でも頑張る『初音ろりあ』ですが、男優達が求めていたのは別の物でした。それは、我慢するような声ではなくて、大絶頂に到達して本気で喜ぶアエギ声だったのです。それを発しないから、『初音ろりあ』は長時間に複数の男優から長時間の連続攻撃を後半も受け続けます。そして、最後のラスト直前に男優が期待した瞬間がやってきます。映像の後半50分くらいで、『初音ろりあ』が、「あっはん!!!!」「あん!!!あん!!あん!!」と喜びの大声を何度も上げ始めます。それを、確認した男優の1人がバック挿入で気持ちよさそうに1発目の中出し発射です。女が絶頂に到達したときに中出しするのが男優の最高の時間だと、視聴者はこの場面で気づくはずです。

最後は、別の男優が正常位で、気持ちよく引き継ぐ感じでの2回目の中出しです。『初音ろりあ』は、中出しされて、何度もエッチな表情を浮かべていました。総括をすると、この作品は、長時間に渡る女体攻略が好きな人に向いている作品だと思いました。可愛い女が連続中出しで、何度もアへアへ顔になるなんて普通の社会ではありえません。『初音ろりあ』は、確実に今回の変態作品で女体を変態的に開発されていました。

作品サンプル画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。