傲岸アスリート系フルボッコ輪カン

傲岸アスリート系フルボッコ輪カン
傲岸アスリート系フルボッコ輪カン

この作品は、CA役の西原美貴さんが多くの男に合計10回以上も中出し凌辱をされている作品です。タイトルからCA(客室乗務員)役と気づきにくいのが難点な作品タイトルですが、変態作品なので、小さなことは気にしないことです。補足をすると、作品のタイトルは視聴者の意見を聞いてから名づけるわけではないので、こういう奇妙なタイトルになることもあるのです。主演の西原美貴さんは、アスリート選手のような腹筋をもっています。自分がタイトルをつけるならば、『傲岸アスリート系の筋肉美をもつCAをフルボッコ輪姦』とタイトル改名してあげたいです。まあ、いまさら『傲岸アスリート系フルボッコ輪姦』というタイトルは変更できませんが・・・・・では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、飛行機の中で携帯電話を使用する客を平手打ちで厳しく注意したことで、客に逆襲されてしまう西原さんの姿が描かれています。客は「俺はお前の勤務する航空会社の大株主だぞ!先に暴力をふるったのはお前だ!お前を空の上に突き落とすぞ!」と脅した後に、CAの制服を強引に扱って指をオマンコの中に挿入させています。視聴者は、「あれ?アスリート系だから強い女なのでは?」と思うと思いますが、客がCAにやっつけられてしまうと、エッチが成立しないので、この少し謎な展開は大目に見てあげてください。個人的には、この序盤で西原さんが平手打ちの先制攻撃で弱みを握られて、客の立ちバックに応じたり、騎乗位での腰振りにも応じる姿はエロいと思いました。序盤では、過激な正常位での中出しもあります。

中盤では、大株主に対する機内での変態サービスのことを飛行機の機長に知られた西原さんが、厳しく叱責されています。機長達は変態玩具を9種類以上も用意していて、それを再教育と称して西原さんに対して使用します。簡単にいうと、企業は大きなトラブルを起こした社員を再教育することがあります。その再教育の内容は、外部から見たら理不尽な場合もあります。何故ならば、再教育内容は外部には公開されていないこともあるからです。視聴者は、西原さんが中腰状態でディルドオナニーをさせられたり、いろんな形状の極太バイブを突っ込まれている姿で興奮出来るはずです。西原さんの卑猥なオマンコは玩具攻撃に反応して変態エッチ汁を大量に溢れさせるようになっています。「オマンコが泡立っているじゃないか!」と機長たちに笑われても、西原さんの女体はオマンコ汁を次々に溢れさせています。女体とは神秘的だなと思いました。

後半は、機長が同僚と2人で、西原さんに3P乱交の醍醐味を教えこんでいます。3回以上の正常位での中出しや、背面騎乗位3Pや四つんばいバック挿入3Pなどがあるので視聴者も大興奮出来るはずです。背面騎乗位3Pとは、下から勃起ペニスでオマンコを突きあげている時に、他の男の勃起ペニスが女の上の口を同時に犯すことです。機長は、3P乱交にも馴れているセックスのテクニシャンでした。最後は、たくさんの新入社員たちにも肉便器として使用されることになった西原さんの姿が描かれています。新入社員達も6人以上が、オマンコの中に精子を発射させる『穴挿入ぶっかけ』を行っています。『穴挿入ぶっかけ』とは、射精直前の勃起ペニスを、男達が次々にオマンコの中に挿入して、1人10秒以内の短期で順番に射精していくことです。

総括をすると、この作品は、CA凌辱物の中では、パワーがある面白い変態作だと思いました。小さなことは気にしない人に向いている作品です。機長が制服を着ていないのは、制作費の問題です。西原さんは、CAの制服を着用していました。

サンプル画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。