絶対服従 – 稲森ゆかり

絶対服従 - 稲森ゆかり
絶対服従 – 稲森ゆかり

この作品は、美熟女の女医が同僚に変態調教されてしまう様子を描いた変態作品です。強引なレイプ物でなくて、仕事のミスをネタに、言葉責めや卑猥な方法でのオナニーを教えこんでから本番に向かうので、抵抗されながらの本番セックスとは違う醍醐味があります。補足をすると、医者にとって怖いのは自分の医療ミスが裁判になることです。医療ミスは患者から指摘されたり、弁護士から指摘されることが多いです。しかし、医療ミスを1番知っているのは同じ職場の同僚なのです。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、病院の中で白衣の『稲森ゆかり』さんが同僚からセクハラを受けているような場面が映し出されています。同僚の医者は、医療ミスをネタに女医の女体に触れると、美脚にも指を伸ばして全身愛撫を開始します。視聴者は、同僚の男性医師が狂ったように女医のオマンコを舌で舐めまくって、女医の抵抗力を奪っていく様子にも注目してください。その後は、変態的なディルド使用のオナニーで腰ふりを命じられた女医が大絶頂に到達する様子や、濃厚フェラ後に立ちバック挿入をされている様子が映し出されています。

中盤は、男性医師の企画で、患者3人がいる部屋での大乱交が開始されます。獲物にされた女医は驚きますが、美熟女好きな患者たちは狂ったように女体に触れたり舐めたりしています。この中盤では、複数の大人の玩具も登場します。オマンコに変態バイブを突っ込まれながら、クリトリスを振動ローターで刺激され、同時に乳も揉まれる攻撃に女医は喘ぎまくっています。視聴者は大人の玩具で何度も逝かされた後に、簡単に正常位とバック挿入を受け入れていく女医の姿に堕ちたなと思ってください。この中盤で、女医は変態乱交好きな女になるという堕落状態になっています。

後半は、正常位とバックで何度も中出しされた女医が、追加で呼び集められた患者役の汁男優にまでオマンコ挿入をされています。普通は、汁男優は射精したくなったら女体の上や顔に精子を発射します。しかし、今回は射精直前になった汁男優達は女医のオマンコに勃起ペニスを挿入させてもらった状態で、精子を発射する極上の中出し射精を許可されています。最後は、合計9人以上の男の精子を発射された汚れマンコを開帳しながら、尻穴アナルに綺麗な花を挿入される『生け花展示会』プレーが行われています。

総括をすると、この作品は過激な変態女医物作品を探している人にオススメです。『稲森ゆかり』さんは、白衣も精子に汚される姿も両方とも似合っていました。

サンプル画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。