大量自白強要汁膣穴注入

大量自白強要汁膣穴注入
大量自白強要汁膣穴注入

この作品は、新倉麻美ちゃんが産業スパイをしている作品です。彼女は好きな男のために、自分が勤務する会社のデータを盗んでいます。それを、会社の部長に発見されてお仕置きをされることになります。補足をすると、女スパイが何故いるのかというと、それは男のスパイよりも活躍できる場合があるからです。秘密がデータチップという小さなものに集積される時代になっても、固形物である以上はばれます。それを、女スパイたちは女体の中に隠すこともできるのです。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、新倉麻美ちゃんが部長からスパイ容疑で尋問されています。彼女は拒否しますが、部長は信じません。部長によるチェックは女体の中にまで及びます。視聴者は、制服を脱がされて潮を吹くまで指マンされたり、正常位での中出し制裁まで受ける女スパイの姿で楽しんでください。この序盤では、女スパイのピンク色の勃起乳首や、オマンコの中に肉ひだまでたっぷり見ることが出来ます。立ちバックや騎乗位での制裁もあります。この序盤の1番の見所は、秘密のデータチップが女体の中から発見されて、社員達からも罵倒されるときの新倉麻美ちゃんの表情です。

中盤では、部長の許可により複数の社員が参加する中出し輪姦制裁が開始されます。社員達が汁男優のように新倉麻美ちゃんの体に、連続で精子をぶっかけている姿は卑猥でした。この中盤の良かったところは、自分の会社の社員たちに制裁された女スパイが、作戦失敗に激怒した味方の彼氏からもエッチな制裁を受けていることです。映画や漫画では、命令を受けた忍者や侍が失敗を繰り返すと、味方の上司から叱責や制裁を受けることがあります。ですから、こういう味方からも制裁を受ける展開は面白いなと思いました。この中盤で気になった部分は、作戦失敗に怒った彼氏の顔が映っていなかったことです。彼氏は怒っていましたが、顔が映っていないことで怒りの迫力感が映像から半減したような気がしました。彼氏の制裁方法は顔射です。麻美ちゃんに手コキと濃厚フェラを命じた後に、最大勃起したペニスからの精子発射で精子は顔と服に向けて飛んでいました。視聴者は映像をじっくり見ると確認出来ますが、精子はどちらかというと顔よりも服のほうに多く飛んでいます。これも、彼氏役の男優の経験値が影響していたのかもしれません。

後半は、彼氏に再び命じられてキャバクラ嬢になった女スパイの様子が映し出されています。またしても、自分の会社の社員を裏切る新倉麻美ちゃんは素晴らしい演技を見せてくれます。しかし、キャバクラ店で会話中に社員達は情報が洩れていることに気づき、キャバクラ嬢に変装していた麻美ちゃんを疑います。視聴者は、女スパイが3本のペニスを順番に相手にして狂わされていく姿で興奮してください。3人の男性社員達は全員中出しが大好きな男達です。この後半は、中身の濃い中出しの迫力が3連続で味わえるので、変態マニアも納得出来ると思いました。彼らは、正常位やバック挿入や騎乗位を順番に楽しんでから、2巡目で正常位中出しや横からの側位中出しを決めています。責め方にも特徴があります。「中に出してやるよ!」と宣告する男もいれば、「中にだしてくださいと叫べ!」と命令する男もいました。最後は、3発目の中出しを受ける女スパイが、中出しされながら謝罪させられる変態プレーがあります。『中出し謝罪』の方法は、勃起ペニスで突き上げられている時に「すいませんでした!」とか「精子をください」とか「オマンコ気持ちいい」などの言葉を何度も言わせられることです。

総括をすると、この作品は女スパイが何度も中出しされる展開が好きな人ならば楽しめると思いました。新倉麻美ちゃんは、意外と女スパイの役が似合っていました。視聴者は、この作品に出てくる女スパイは経験値が低い新人の女スパイだと思ってください。女体で敵を虜にする上級テクニックの女スパイではないので気を付けてください。女スパイには、新人もいれば経験豊富なベテラン女スパイもいます。人生はい色々です。そして、女スパイも色々なのです。

サンプル画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。