透け乳首のクソエロい小悪魔マッサージ師(動画付き)

透け乳首のクソエロい小悪魔マッサージ師
透け乳首のクソエロい小悪魔マッサージ師

この作品は、AV女優の『輝月あんり』が健康的な女マッサージ嬢を演じている作品です。設定上は、男性客に文句をつけられて洗脳されてからレイプされる頭の弱い女性の設定にもなっています。補足をすると、健康的なマッサージ嬢に性的なサービスを要求すると所属会社に通報されることもあるので、今回の妄想企画作品の真似は絶対にしないようにしましょう。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、正中線(せいちゅうせん)という言葉に詳しい変態客が登場します。彼は、正中線(せいちゅうせん)は人間の前面と背面の中央部分を縦にまっすぐ通る線であると力説して、可愛いマッサージ嬢の経験不足を何度も叱責していました。視聴者は、序盤では、必死に変態客の腕や太ももや背中など全身を丁寧にマッサージしても、正中線(せいちゅうせん)を意識していない下手なマッサージだと指摘されて困惑するマッサージ嬢に同情(どうじょう)してあげてください。この序盤で1番エロかった部分は、変態客が男のペニスや女のクリトリスにも正中線(せいちゅうせん)があると変態的な内容にすりかえる場面です。マッサージ嬢は、クリトリスを触られた時には抵抗力を奪われていました。

中盤では、変態客が正中線(せいちゅうせん)を再度解説しながらマッサージ嬢のオマンコに指を挿入してしまいます。マッサージ嬢が「やめてください!」と叫ぶと、「あれ!指が抜けないよ!君の体はどうなっているの?」と何度も呟いて巧妙にトボケル変態客は頭も良いようでした。視聴者は、中盤では、頭の弱いマッサージ嬢が指マンと乳首舐めで強制的に逝かされた後に、濃厚フェラを強要される場面でも興奮してください。

後半は、「ペニスは体の1部分なんだよ!卑猥なものじゃない!」と説教を続けた変態客がマッサージ嬢をシックスナインの体勢にまで誘導していました。その後については、驚異的な変態説教が続いて、とうとう勃起ペニス挿入の対面騎乗位が行われていました。視聴者は、変態客がオマンコの正中線(せいちゅうせん)を指導している最中に、勃起ペニスでオマンコの入り口を刺激しながら挿入チャンスを狙っていた場面にも注目してください。こういう指示棒(しじぼう)ならぬ、指示ペニスという変態的な使用方法は、普通の男性ならば考えつかない卑怯で高度な技です。女性の頭が混乱して抵抗力を無くしている時に、下からオマンコに勃起ペニスを突っ込んだ変態客は嬉しそうでした。

最後は、完全に頭が混乱したマッサージ嬢が正常位で精子を注入されていました。それから、中出しされる前にマッサージ嬢が「止めて!止めて!嫌!ダメです!」と叫んでいる最中に、変態客は「逝くよ!ほら逝くよ!待っててね!」と叫んでいました。総括をすると、この作品は、絶倫のずる賢い男の登場に興奮する人に向いています。少し気になった部分は、タイトルが内容と少しずれている部分でした。タイトルは小悪魔マッサージ師ではなくて、可愛い小動物系マッサージ師と書くべきだったような気がしました。それから、作品の分類的には洗脳型レイプ作品といえるような作品でした。はっきり言って、正中線(せいちゅうせん)なんていう言葉は普通の男は知りません。ずる賢い男は時々難しい言葉を使用して他人を騙します。現実世界では、だまされないように気を付けましょう。

作品サンプル画像

ホテルのマッサージを頼んだのにぜんぜん来ない。 やっと来たマッサージ師は透け乳首のテロテロホットパンツ。 それってマッサージを受ける方が着るやつじゃないの? 乳首がピンコピンコだからいいけどw、立ち仕事で疲れてるからさっそく下半身のマッサージをお願いします。 馬乗りになってがんばってくれてるけど華奢な透け乳首マッサージ師の握力じゃぜんぜん効かないな。 揉み方の手本を見せてあげるよ、モミモミモミモミモミモミ。 なにかとクレームをつけてマッサージ師の身体を逆マッサージ。 密室で二人きりのくんずほぐれつ生マッサージ! ダメっ!だめっ!イやっ!中だめっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。