娶ラレ寝取ラレ~メス聖職者が自覚なしに28年間グツグツ煮込んだ性癖の歪み~〈side-S〉&〈side-M〉パック

娶ラレ寝取ラレ~メス聖職者が自覚なしに28年間グツグツ煮込んだ性癖の歪み~〈side-S〉&〈side-M〉パック
娶ラレ寝取ラレ~メス聖職者が自覚なしに28年間グツグツ煮込んだ性癖の歪み~〈side-S〉&〈side-M〉パック

この作品は、文武両道の教え子の青年が保健の先生に恋をして異常な性癖に目覚める姿と、その保健の先生が昔の教え子であったことで惚れ直し三角関係で葛藤する中年教師の物語です。ようするに、2人の教え子に人生を左右される教師の物語なのです。

補足をすると、この作品の作者は文学の知識もあるので、エロとは文学要素とも融合することを知っています。

では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、中年教師が昔の母校に再度赴任すると、そこで美人の養護教諭に出会い婚約する姿が描かれています。教師と言うのは何度も移動がありますから再赴任は珍しいことではありません。

この序盤では、保健の先生(養護教諭の保科癒子)が昔の剣道部の教え子であったことと、彼女との思い出話が語られていて純情気分に浸っていると、新しいトラブルを剣道部の現在の教え子が新しい問題を起こしてくれます。

この剣道部の青年は、部員達と保健の美人教諭のことでトラブルを起こしていました。彼は彼女の悪口を言う部員は許さないと言いながらも、自分は保健室で美人教諭をバックから犯して潮を吹けせるSの性癖をもっていました。

美人教諭と剣道部の青年を結びつけたのは、特殊な性癖を描いた長編小説だったので、この序盤は、文系タイプの人は物語の設定に興奮しやすいと思います。

中盤では、中年教師の性的な葛藤がさらに、深まる様子が描かれています。自分御婚約者であり養護教諭である保科癒子(にしなゆこ)を、保健室だけでなく結婚式場の控室や廊下でも犯しまくる剣道部の教え子の青年に共感する自由と、中年教師の怒りに共感するのも読者の自由です。

この中盤では、保科癒子が青年に犯される姿と、中年教師に初夜で激しく抱かれる姿の両方を比較することで、読者は何度も楽しむことが出来ます。

後半は、中年教師が新妻の保科癒子に最大のお仕置きをする決断するまでの気持ちの変化の過程が描かれています。簡単に書くならば、自分の新居や母校の放課後の教室で、SMプレーまで楽しむ新妻と剣道部の教え子の様子は、中年教師の復讐心を高めていくのです。

若い青年は大人が黙っていると、許容されたと勘違いして、行動をどんどんエスカレートさせていくことがあります。剣道青年は自分と新妻を離婚させようとまで考えていると理解した時に、中年教師は最大の罰を考えつきます。

最後は、新妻と剣道青年の秘密デートの現場に、他の剣道部員を多数引き連れて中年教師が登場し、不倫淫行の証拠動画を突きつけます。そして、ついに中年教師は剣道の部員達に順番に新妻を抱かせる権利を与えます。それが、考え抜かれた最大の罰でした。

「先鋒(せんぽう)須藤大器、先生に男にさせていただきます!」と叫んで童貞卒業する生徒や、保科癒子教諭に精子をぶっかけたり大人の玩具を突っ込む生徒達のいたぶりの後に、中年教師は人妻から反省の言葉を述べさせようとします。

しかし、新妻の答えは反省ではなくて、中年教師の夫と剣道青年との三角関係を続行して続けましょうという開き直りの答えでした。結局、若い燕(つばめ)として飼われることになった剣道青年は新婚の新妻を離婚させれませんでした。

変態的な新妻の提案が採用すされる幸福な終わり方に読者も驚かされると思いますが、最後まで精神崩壊せずに2人の男性との関係を続けると宣言した養護教諭の保科癒子の懐の深さが、こういう結末に繋がったのだと思います。

総括をすると、この作品は養護教諭の保科癒子が、何度も生徒達にレイプされています。しかし、彼女はレイプされても教師であり続けようとしました。そして、その態度が関係する男達を包み込んでいきます。

自分をレイプした男達に、抱いている女が良い女だと自覚させることで、強引なレイプは本物の感じあう男女のセックスには及ばないと自覚させる壮大な教訓が、この作品には暗示(あんじ)されている気もしました。

性欲が強くて美人で信念がある、完璧な女性教師を探している人ならば、養護教諭の保科癒子先生のことが好きになれると思います。彼女は、エロ漫画の中でも指折りの凄い女教師だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。