君のものになる前に―

君のものになる前に―

君のものになる前に―

うーん。寝取りにも色々と方法がありまして、あくまでも女性が自分の方から落ちていくのが、本当の寝取りではないか?と思う訳です。本作では、薬を使っていて、寝ている間に。と言う形になっているので、男の風上におけない野郎だな。となっているのが、ちょっと自分の中で気に食わない点でしたね。

なので、後味が悪いレイプ物と言う認識をして頂ければと思いますが、本作でまじかよ?と思ったのは、毛の点ですね。パイパンバージョン。濃いめバージョン。薄めバージョンと三つのバージョンが用意をされていました。ここに力を入れてきたのかね?と思える不思議な点でしたね。

序盤では、甘酸っぱい青春物かな?と思える出だしだっただけに、あー、薬でねー。と言う感じで、うーん。良くないよね。それだったら、力づくの方が見ていてスッキリとします。同じ苛めでも、陰湿なやり方をするよりも、思い切りぶん殴った方が、まだ見ている分にはスッキリとするでしょう?そんな感じです。

ページ数も少ない作品となりますので、サクッと読める分量になるのですが、上述をしているように、設定が個人的には気に食わないので、個人的なお勧めはしない作品となりました。もっち爽快感が欲しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。