委員長は催●アプリを信じてる。

委員長は催●アプリを信じてる。

委員長は催●アプリを信じてる。

まず大前提ですが、続編のある作品となります。一応は区切りの良い所で終わっているので、単品でも充分に楽しめる作品でした。今作が『委員長は催●アプリを信じてる。』で、続編は『委員長はまだ催淫アプリを信じてる。』になります。

タイトルからも分かるように、催眠アプリが登場をするのですが、これは絵柄的にもスッキリとしている作品になりますし、ちゃんとした漫画です。変な言い方になりますが、絵柄的に見る人を選ぶタイプではなく、万人受けしやすい絵柄になっているのが、個人的には良いと思える点になりますね。

その他、続編については未購入となりますので、分からない部分も多いのですが、とりあえず今作だけで言えば言えば無理やり系の作品でもありませんので、見終わってホッとしますね。鬼畜系の作品が根本的には好きなのですが、最近は加齢のせいか、救いのない終わり方をされると、心が動揺をするようになってきている自分がいますが、こちらの作品は安心して見る事が出来ました。

ボリュームがある作品で100ページを超えているのですが、その分、世界観の説明がしっかりとされているので、状況的に分からない部分がないので、クリアな状態で楽しめますよね。ぶっ飛んだ世界観で説明もないまま、走られてしまうと、あれ?となるのですが、そうした事もありませんでした。良作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。