人妻・春子の調教寝取られ性活~かつて娘を弄んだ男達が、私のカラダを狂わせる~

人妻・春子の調教寝取られ性活~かつて娘を弄んだ男達が、私のカラダを狂わせる~
人妻・春子の調教寝取られ性活~かつて娘を弄んだ男達が、私のカラダを狂わせる~

こんな作品だったよ!

この作品は、38歳で『お祖母』さんになった熟女が、娘を守るために5人以上の男と乱交して1日で29発分の中出しをされた変態場面を漫画にしたものです。補足をすると、大乱交を題材にした今回の漫画では、主人公の女性の精神状態が重要になってきます。この作品では、序盤から過激中出しが描かれており、超変態作品と位置付けれると思いました。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、まず熟女の家には、存在しないはずの大量の若い男達がおり違和感を読者は覚えます。しかし、その理由はすぐに説明されるので読者は納得出来るはずです。理由とは、娘が多数の男達と楽しそうに乱交セックスをする証拠を見せられたことで、熟女が身代わり志願を決意したということです。「もう!娘には手を出さないで!」と本気で叫ぶ熟女の姿に読者は同情心と変態的な興味の両方の気持ちをもつはずです。この作品では、母親の乱交場面と、過去の回想場面としての娘の乱交場面が絶妙なタイミングで何度も交互に登場します。母と娘が時間差がありながらも、大勢の男達に乱交セックスの相手をさせられて感じまくっている間に、常識的な心が徐々に歪んでいく姿こそ序盤の見所です。この序盤では、電話で話をする母と娘とは別に、孫の子供が2人も電話での話のついでに登場します。こんな可愛い孫を描ける作者が、こんな超変態作品を描いているギャップに読者は驚いてください。

中盤では、2年前の昔話が描かれています。それは、まだ、母が幸せだった時の昔話です。娘が結婚して幸せだと思っていた2年前に、三十路熟女になった母親は夫と激しい情熱的な中出しセックスをしていました。年の離れた、もう1人の子が出来ても良いと思って感じまくる三十路熟女の姿に読者は興奮してください。こういう幸せな時期と、不幸な時期の両方が描かれることで、読者は漫画の中に空想部分とリアル感の両方があることを発見して、何度も興奮することが出来るのです。

後半では、甘えん坊の幼児2人とお風呂に入る綺麗な娘の日常が描かれています。(幼児とは主人公の熟女の孫です。)幼児が純真な気持ちでオッパイを吸う姿は、読者に人間の良心を取り戻させる効果があります。最後は、後半の幸せな余韻をぶち壊すような、娘の過去の乱交場面が再び描かれています。どうやら、娘さんは過去の妊娠初期に母乳が出るようになっても乱交セックスを楽しんでいたようです。しかしながら、妊娠初期でも乱交していた娘も、2人の子供を出産してからは悪い男達との関係を清算するかどうか悩んでいるようです。そんな過去をもつ彼女を優しく見つめる夫の存在が、娘さんの心に大きな影響を与えているようです。ついでに書いておくと、オマケ画像として、幸せな時期の母娘のお風呂での混浴雑談が描かれています。作者は、過去と現在を交互に描くことで、作品が深みをもつようにされたようです。

総括をすると、この作品は悪人と善人と、心が揺らぎやすい意志の弱い人間の3パターンを見事に描いています。乱交好きな男達が目論む、母娘との同時乱交セックス親子丼の乱交が実現しなかったことが、この作品から感じれる良心だった気もします。前半は超変態作品として描きながら、中盤から後半に向けて、徐々に人間の中の良心を思い出させる描き方は、エロ漫画にしては珍しい描き方のような気がしました。

作品サンプル画像

商品リンク先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。