【電車痴漢】顔出し制服JK★またもJC?あるいはJK1!★文系色白美少女★ジュニア用綿パンツから大量のお漏らし

【電車痴漢】顔出し制服JK★またもJC?あるいはJK1!★文系色白美少女★ジュニア用綿パンツから大量のお漏らし
【電車痴漢】顔出し制服JK★またもJC?あるいはJK1!★文系色白美少女★ジュニア用綿パンツから大量のお漏らし

◎2018年12月21日 グレーのセーターに紐リボン/紺のスカート/紺ソックス/黒のボブヘア

~01分55秒:J○駅構内→駅ホーム(顔有り)
01分55秒~03分30秒:車内で軽く太腿タッチ(嫌がる被写体の顔が映る)
03分30秒~04分00秒:ジュニア用綿パンツの上から陰部にタッチ
04分00秒:カメラの赤外線ON
04分20秒~04分40秒:綿パンツをめくろうとするが被写体に拒否される
04分45秒~05分40秒:綿パンツの上からクリトリス周辺を執拗にタッチ
05分40秒:★いよいよパンツをめくり薄毛の陰部が露わに★
06分00秒~06分50秒:陰部を直接責める撮影者(被写体の太腿が激しく痙攣)
06分55秒:撮影者の手を拒み乱れたパンツを直す被写体
07分00秒~08分55秒:今度は前から手を挿入し直接陰部を責める撮影者
09分00秒~09分30秒:パンツを大きくめくって陰部を全開にする撮影者
09分35秒~10分00秒:★明らかに濡れている膣に中指を挿入★
10分05秒~10分30秒:★そして中指と●指2本を第2関節まで挿入★
10分40秒~12分15秒:再び前から手を挿入し直接陰部を責める
12分20秒~12分35秒:★突然パンツに染みが広がったと思うと大量にお漏らししてしまう被写体★
13分20秒~14分00秒:★パンツをめくられ再びカメラに向かってお漏らし★
14分10秒~14分20秒:ブルブルと震えているように見える被写体
14分20秒:電車を駆け降りホームを小走りに逃げる被写体

※映像被写体にはスタンプは付いておりません。
※動画ファイル:MP4/1920×1080/14分42秒/848MB

・全ての作品のモデルについて、身分証にて18歳以上の年齢確認をしております
・全ての作品のモデルについて、本人同意の上で撮影しており販売の同意を得ております
・全ての作品について、日本国内で適用されている全ての法律に違反する内容は一切含まれておりません
・全ての作品について、第三者に提供、譲渡、販売等の行為を行うことは一切禁止致します

この作品は、童顔女性が女体を完全征服されているような作品でした。登場するベテランの痴漢は指の感覚でクリトリスを探し出していました。補足をすると、今回登場した女性はセーラー服でした。そして、彼女は小柄なので足首から頭の天辺まで映し出されている映像もありました。舐めるように全身をチェックしたい人には、完璧なオナニーネタになるかもしれません。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤ではスマホを何度もいじりながら電車を待つ女性の姿が映し出されています。彼女が前述した童顔女性です。数分くらいすると電車が到着する映像が流れます。視聴者は序盤では、痴漢が背後からターゲット女性に近づいてから連続クリトリス責めする姿を楽しんでください。何度も強引に責められたことで女体は何度か震えていました。

中盤は、痴漢がオマンコの正面責めと横責めを交互に繰り返している場面が映し出されています。今回の痴漢は複数の技を実行することに喜びを感じているようでした。視聴者は中盤では、下着ショーツを横にずらしてから中指をオマンコ挿入する痴漢の上級技をドアップ画像で楽しめます。もちろん、モザイクはありますが、痴漢の中指の動きにあわせて女体が5回以上も大きく痙攣する姿は迫力がありました。女体が確実に感じている時の腰の動きは、演技の腰の動きとは大きく違います。この作品の中盤は、女体研究の材料にもなりえます。

後半は、痴漢が女性に潮吹きさせる場面が中心になっています。何度も女体を刺激されたことで、とうとう女性が大量に潮を吹いていました。視聴者は後半では、垂れ落ちる潮の量と卑猥に濡れて染みだらけになった下着ショーツの両方を楽しんでください。痴漢の指を丁寧に観察すると潮吹きは2回以上あったことが確認出来ます。

最後は、恥ずかしそうに童顔女性が電車を降りる場面が映し出されていました。痴漢は、無事にエッチな戦いの戦線を離脱できたようでした。総括をすると、今回の作品は、大量潮吹き場面が好きなマニアの人にオススメです。痴漢役の男性についても、変態性欲の強さを完璧に発揮していたと思いました。

その他、作品サンプル画像

【電車痴漢】顔出し制服Jけ~★またもJし~?あるいはJけ~1!?★文系色白美少じょ★ジュニア用綿パンツから大量のお漏らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です