BOGA x BOGA ~小川桃果が僕のプレイを褒め称えてくれる~

BOGA x BOGA ~小川桃果が僕のプレイを褒め称えてくれる~

BOGA x BOGA ~小川桃果が僕のプレイを褒め称えてくれる~

この作品は、元教師の小川桃果が女体の感度の良さを見せつけてくれる作品です。優しさが溢れてくる女性が好きな人ならば楽しめるはずです。

補足をすると、桃果のようにぽっちゃり系で独特の魅力がある女性が好きになると、視聴者が高齢になってもセックスを楽しみやすくなると思います。若い時に、オラオラ系でペニスが平気で勃起していた人も、60歳の還暦のあたりから女性の優しい対応がないと勃起するまでの時間に影響が出てしまう人も増えてきます。若くて綺麗な女性の前でも勃起できない不自然さをカバーするためには、男性が還暦になる前にぽっちゃり女性や熟女も好きになる準備も必要になってきます。

では、ここから作品の流れについて詳しく書いていきます。

序盤では、長時間の濃厚フェラとGカップ巨乳パイズリで大量の精子を桃果が搾り出してくれます。そして、誉め言葉だけでなくて感謝の言葉までくれます。「うんふっ!」「凄い!いっぱい出たよ!」「いっぱい気持ちよくなってくれてありがとう!」なんて言われたら普通の男は嬉しくなります。

中盤では、乳首舐めや胸揉み、そして指マンと性器舐めを実行する男性を褒めながらやる気にさせて、自分も気持ちよくなっている桃果の様子が楽しめます。この中盤では、腰をピクピクさせながら指マンで絶頂に到達する姿や、勃起乳首責めでも絶頂に到達する女体感度の良さをたっぷり見せてくれます。「そこそこ!感じるところ!わかってくれているのね!逝っちゃう!逝っちゃう!逝っちゃう!」なんて、言葉を言われたら、これまた普通の男は嬉しくなります。

後半は、正常位とバック挿入と騎乗位で男性の反応も気にしながら自分も逝きまくっている桃果の様子が楽しめます。それから、「また逝っちゃう!逝っちゃう!」「そうそう!それそれ!」「ああ気持ちいい!」「また逝っちゃうよ!」「逝く逝く逝く逝く‼!逝く逝く!!」と卑猥な言葉を連発している部分も視聴者の脳を刺激してくれます。

最後は、「激しい!いっぱい出して!」と大絶叫する桃果のオマンコに大量中出しです。セックス終了直後に余韻が残る中で「頭がおかしくなるほど気持ちよかった!」と叫ぶ最後の言葉は、言葉の表現力の豊かさとエロさを両方とも見せつけてくれる感じで、最高のセックスの終わり方の1つだと思いました。

総括をすると、この作品は優しい女性が大好きで、女性と一緒に気持ちよくなりたい人に向いている作品だと思いました。小川桃果の生き方と言葉の表現力の豊かさは、日本人の男性の半分くらいには魅力として伝わるはずだと思います。

それから、小川桃果のセックス中に叫ぶ言葉は、他の女優と少し違う種類のものも混じっているので、マニアの人も何気なく気づけば楽しめると思います。

作品画像

BOGA x BOGA ~小川桃果が僕のプレイを褒め称えてくれる~
BOGA x BOGA ~小川桃果が僕のプレイを褒め称えてくれる~
BOGA x BOGA ~小川桃果が僕のプレイを褒め称えてくれる~
BOGA x BOGA ~小川桃果が僕のプレイを褒め称えてくれる~

キタキタ~!元本物教師、小川桃果先生!遂にカリビアンコムに登場です!ビッグなお尻にGカップのふわふわおっぱいのたまらんむっちむちのボディ!そんな桃果先生が僕のチンチンを褒め、プレイも絶賛の言葉攻めを主観的撮影でバーチャル体験!触られただけで、ため息混じりにうっとりと気持ちよくなってくれる彼女が、挿入されたらどうなっちゃうんでしょう?美マンに中出しされご満悦な先生、エロすぎです!

小川桃果のモザイク動画

→をクリックして再生、再生中に動画内をクリックする事で、Dugaの該当作品ページに飛びます。Dugaは1分程度の無料会員登録をする事で、サンプル動画を見まくれる、大手のダウンロード動画配信サイトです。登録だけでもしておいた方が良いですよ♪

Duga無料会員登録ページはこちら

完全主観 罵倒地獄 パンチラ編

完全M男化入院生活 入院したら担当ナースが巨尻のドSでストレス発散の院内ペットに調教された僕。 小川桃果

進学塾の美人講師の腋に発情してしまった俺3

本当にあった女教師狩り 終わらない悪夢 小川桃果

TSFふたなりドクター抜刀小百合 ~ふたなり婦人科 秘密のカルテ~

小川桃果の無修正動画

マンコ図鑑 小川桃果

極射 小川桃果

肉感たっぷりむちむちボディ

小川桃果の作品紹介リンク

無修正動画に興味がありましたら、参考にしてみて下さい。
無修正動画の比較ページ(非VR)日本で多分ですが、一番多くのサイトを紹介中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。