【VR】「低画質なんて僕は嫌だ!」今あるVR技術を全て注ぎ込んだ【ハイクオリティ高画質】全コーナー完全ノーカットVR 伊藤舞雪

【VR】「低画質なんて僕は嫌だ!」今あるVR技術を全て注ぎ込んだ【ハイクオリティ高画質】全コーナー完全ノーカットVR 伊藤舞雪
【VR】「低画質なんて僕は嫌だ!」今あるVR技術を全て注ぎ込んだ【ハイクオリティ高画質】全コーナー完全ノーカットVR 伊藤舞雪

既存の【ノーカットVR】は「低画質」「映像酔い」とヘルメット型カメラのデメリットが…そこで一眼レフ高画質カメラ撮影で各コーナー毎にプレイテーマを定め視点移動等も極力減らすことで問題点をクリアにした【高画質ノーカットVR】が誕生!VRクイーン伊藤舞雪が引きずり込む世界観、没入感はレベチ!天井特化、地面特化、神乳特化、ベロキス特化とVRならではのプレイてんこ盛り!絶対に見てもらいたい勝負の一作。

画質レベルは間違いなく高い

根本的に、私自身は海外のVR作品から入っているので、日本のメーカーさんも最近は頑張っているけれども、常に海外にリードをされている。と言うのが正直な感想になります。今作に関しては2021年の作品で、この時点で全ての技術を注ぎこんだだけあり、流石の画質レベルになっています。ただ、ごめんなさい。シビアに言いますが、私自身は現在は6Kの作品を中心に見ているのですが、画質レベルとしては同程度の印象を受けたのですが、動きの滑らかさでは、今みている6KのVRBangersに負けていますね。

作品の話をしたいと思いますが、今回、全ての技術を注ぎこんだ作品と言う事だけあり、VR界の女王様状態となっている伊藤舞雪ちゃんを起用。ここまでは納得ですね。ファイルは4ファイルで全てのファイルが分離独立をしている形になりますので、気にいったパートのダウンロードをすれば良いんじゃない?となりますが、順番としては、パイズリ→騎乗位した後に手こき→手こき→正常位で外出しフィニッシュとなります。と言う事で、セックスが少なくない?と思うのは、きっと私だけではないと思います。3ファイル目については、白いシーツの中でのプレイとなっていて、あんまりちゃんと見ていないのですが、エヴァンゲリオンの最終回を何となく思い出しました。

全ての技術を注ぎこんで、伊藤舞雪ちゃんを使って、手こきフィニッシュを何で二回も入れてしまったのか?ここに大いなる疑問を感じましたね。あと、最後のセックスの正常位フィニッシュのシーンですが、覆い被さっている感じになっていて、視点が少し上からになります。要するにアングルがちょっとイマイチでしたね。

口コミとかを見ると絶賛の嵐となりますが、おいおい?正気かよ?と言うのが本音ですね。画質レベルはこれまでの日本のメーカーとしては頑張っている。そこは認めますが、作品としては、うん?となる点も多いです。一人、ようやくアメリカの作品に追いついてきた。と言う事を書いている、多少分かっているじゃないか?と思える口コミもありましたが、これってさ、微妙ですよね。

FANZAの管理体制がどうなっているのか?とか、そもそも人間って良いポジティブを感じた時には口コミとか投稿をするだろうけれど、あまりにもガッカリすると口コミ投稿なんてしないよね?私自身も、もうすまねーけれど、一部のメーカーの作品がクソ過ぎて、購入をしたけれど、記事にしてない作品もあります。

あと、ポイントを貰う。と言う負い目みたいなのもあって、ちょっとヨイショをする感じの記事になるだろうし、そもそも参考になったボタンについても、ヨイショをした方が付きやすい。とか、色々と問題と言ったら大袈裟かもしれませんが、正しく伝わりにくいシステムになっていると思います。

当サイトもアフィリエイトになりますが、死ぬほどFANZAでは赤字になっているので、多少赤字が補填される。とかには興味がないので、基本的にはヨイショを一切していないです。好きな女優さんの時には贔屓目で見てしまうのは認めますし、そこは書いている事が多いと思います。

要するに、この作品は画質レベルは高いけれど、抜けないぞ。と思える作品でした。この位の画質レベルで感動をする位だったら、下にも紹介をしている無修正VR動画の比較サイトと言う姉妹サイトに掲載をされているサイトに入会をしてみ。クエスト2であれば、サイトによっては8Kまで見る事が出来ます。本当に8Kのスペックを引き出しているのか?分からない。と言うのが正直な感想になりますが、全然の日本のメーカー作品と比較をすると綺麗な画質になっています。

今回は、メーカーが気合を入れた。と言う事なので、私自身も気合を入れて、ちょっと手厳しい事を書いていますが、VR業界に対する愛ゆえの記事と理解をして頂ければと思います。

イメージ画像

作品、他、各種サイトリンク

お勧めの無修正VRサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。