障子の向こうで未亡人が和尚に抱かれてた(大島ゆず奈:動画付き)

障子の向こうで未亡人が和尚に抱かれてた(大島ゆず奈:動画付き)
障子の向こうで未亡人が和尚に抱かれてた(大島ゆず奈:動画付き)

ちょっと未亡人設定は無理があり過ぎか?

細かい話をしても仕方がないかもしれませんが男優さんが和尚さん。と言う事になっているのですが、髪の毛を剃っていないので、浄土真宗ですかね?確か浄土真宗の場合には、和尚さんも髪を剃髪しなくても良い。とか、そんな形になっていたかな?と思いますが、ちょっと自信がないので、間違っていたら、ごめんなさい。

今作はタイトルにも付けているよに、大島ゆず奈ちゃんが出ている作品となります。前のページでも大島ゆず奈ちゃんの作品を紹介していますが、そちらはデート設定のラブラブな感じのセックスとなっていましたが、今作は未亡人設定。

具体的な年齢については分からない部分もあるのですが、30はどう見ても行っていないと思いますので、未亡人設定はちょっと無理があるんじゃないかな?と思います。お葬式の恰好。何と言えば良いんですかね?喪服?女性の場合にも喪服になるのでしょうか?着物みたいなのであれば、喪服で良いのでしょうが、スカートスタイルの喪服となります。

序盤はオモチャのシーンがあったりして、フェラをしてセックス。と言う、極々スタンダードな流れにはなっているのですが、黒い帽子を最後まで取らなかったのが、ちょっと自分の中では頂けない点になりましたね。

未亡人と言うか、黒い服装。と言う事で、淫美な雰囲気を出してくれるているので、見始めるとエロイ印象を受けるのは、今作の方が上になりますし、中出しフィニッシュの後に、ほぼ強制的にお掃除フェラをさせている点も良かっただけに、なおさら、黒い帽子については取って貰いたかったです。

見た目的には細身スタイルで顔も整えっていて万人受けをしやすいルックスの女優さんとなりますので、見る価値は充分にある感じの作品にはなります。良い女優さんだっただけに、なおさら、帽子!!!となりましたが、逆に考えると、未亡人のトレードマーク的な物を終始身に付けてくれているので、未亡人設定マニアの方には、歓喜!となる作品かもしれません。ただ、私自身はそうしたマニアではないので、何とも言えないです。

作品サンプル画像

旦那の一周忌を終え今はなき旦那の友人や関係者に挨拶をする未亡人・大島ゆず奈。疲れた顔をしていたゆず奈を見た和尚は優しい言葉で慰め励ましていると、どうも疲れた表情は亡くなった夫の悲しみではなく、欲求不満でストレスが溜まっているみたい!その内容を聞いた和尚は「奥さん、心を解放してください。私はここで見守ってあげますから」とゆず奈にオナニーを強要しちゃいます!くちゅくちゅと音を立てながら、ゆず奈がオナニーをしていると誰かが障子の向こうでその一部始終を覗いていた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。