女熱大陸 File.072

女熱大陸 File.072

女熱大陸 File.072

この作品では、吉岡蓮美(よしおかはすみ)のプライベートセックスの思い出が聞けたりするので、楽しい部分も多いです。もちろん、この作品の中では、日々進化する女体を使用する現在進行形のエッチも見せてくれます。

補足をすると、この作品では最後のほうで、セックスを終えて水分補強する吉岡蓮美の姿が映されています。彼女はストローを使用する上品な飲み方を日常でしていることが判明したりと意外な素顔も見せてくれます。

では、ここから作品の流れについて詳しく書いていきます。

序盤では、今までの数々の撮影現場での蓮美の美しい姿が短時間で、次々と紹介されています。その後はインタビューの時間です。男優が質問をする形で蓮美が答えてくれます。「初体験が3Pだった!」とか「毎日セックスをしたい!」だけでなくて、「自分はMです!」と告白する場面もあります。

中盤では、大人の玩具で男優に責められまくって感じまくる蓮美の姿が映し出されています。念のために書いておくと、卑猥な黒バイブの先端が回転しながらオマンコの奥まで入っていく様子や、ピンクローターと黒バイブの2刀流責めで感じまくる女体の様子も映し出されています。

後半では、男優の上手な指マンで絶頂に到達した蓮美が、御礼の濃厚フェラと美乳パイズリを見せてくれます。その後は、正常位と騎乗位で数回絶頂に到達してからも、四つんばいバックでも「あん!あん!あん!うううっ!アッ!アッ!アッ!!」と大声を出しながら再度、思いっきり逝く姿を見せてくれます。

最後は、エッチ汁が垂れてきて卑猥さが増す中での中出し正常位です。蓮美が「いいよ!出して!」と中出し許可を大声で出しています。

オマケ映像として、吉岡蓮美が裏方さんからインタビューを受けている場面が見れます。裏方さんから、今回共演した男優が凄い絶倫男優だったと知らされて驚く蓮美の姿は可愛いです。

総括をすると、今回の作品は吉岡蓮美と男優の両方の体調が絶好調の時に撮影した作品だったので、映像から色気と性欲が溢れてくる感じを受けました。

今回の作品で、吉岡蓮美が何度も良いセックスを体験したことが、今回のように良作を量産することに繋がっているのだと再確認出来ました。これからも、良い作品作りに貢献してほしいと思いました。

作品画像

女熱大陸 File.072
女熱大陸 File.072
女熱大陸 File.072
女熱大陸 File.072

危険で妖艶なオーラを放つ美女「吉岡蓮美」が人気女優の素顔に迫る「女熱大陸」に登場! 初体験が3Pだったと言うなんとも濃密な経験をプライベートでもたくさんしていてAV女優は天職かもしれないと言い切るツワモノ美人女優の蓮美。セックス以外に最低2回はオナニーをすることが日課だと言うエロ度、電マで身体やパイパンを攻められたりしながらもインタビューに答えてくれるのですが、会話ができないくらい途中から感じすぎて悶えまくっちゃってます。自分でも認めるほどのエッチ好きで綺麗なオマンコは少し触られるだけで一気に濡れ濡れになっちゃうんです。最後は中出しされて、気持ちよすぎてぐったりするくらい身体中でセックスを堪能しちゃいました。

吉岡蓮美(吉川蓮)のモザイク動画

→をクリックして再生、再生中に動画内をクリックする事で、Dugaの該当作品ページに飛びます。Dugaは1分程度の無料会員登録をする事で、サンプル動画を見まくれる、大手のダウンロード動画配信サイトです。登録だけでもしておいた方が良いですよ♪

Duga無料会員登録ページはこちら

働く痴女系お姉さん vol.07 吉川蓮

働く痴女系お姉さん BEST 8時間 vol.01 働くオンナの魅惑の10業種、痴的な21シチュエーション!

絶対的下から目線 おもてなし庵 軟体小町 吉川蓮 12 全てはお客様のために、超絶美女が徹底的に尽くします。

コスプレキャノンボール コスプレで繋がりコスプレで紡ぐリアルドキュメント RUN.05 吉川蓮 美乳Eカップ×神脚美身×プリ尻×男を掻き立てる女

絶対的美少女 極上フェラチオ40連発 SPECIAL 8時間

吉岡蓮美(吉川蓮)の無修正動画

朝ゴミ出しする近所の遊び好きノーブラ奥さん 吉岡蓮美

吉岡蓮美 ~吉岡蓮美スペシャル版~

吉岡蓮美(吉川蓮)の作品紹介リンク

無修正動画に興味がありましたら、参考にしてみて下さい。
無修正動画の比較ページ(非VR)日本で多分ですが、一番多くのサイトを紹介中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。