【美術系大学3年生】クラシックバレエ歴10年。芸術の世界で生きてきた…ムッツリな女子大生をがちでハメ撮った映像。

【美術系大学3年生】クラシックバレエ歴10年。芸術の世界で生きてきた…ムッツリな女子大生をがちでハメ撮った映像。
【美術系大学3年生】クラシックバレエ歴10年。芸術の世界で生きてきた…ムッツリな女子大生をがちでハメ撮った映像。

この作品は、美術系の大学に通う女子大生が登場する作品です。美術系大学に通うというのは自称ですが、登場する女性は美術系の雰囲気を漂わせていました。補足をすると、タイトルに書かれていたクラッシックバレス歴10年というのは上級コースではないようです。肉体の少しムッチリな様子から中級レベルのような気がしました。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、美術系女子大生が男優とエッチ話をした後に、青色系統のエロ下着を見せてくれます。四つんばいになって尻を振る姿は、ムッチリ好きな人ならば興奮出来る場面です。その後は、美術系女子大生が全裸になってから股を広げてくれたので、男優がプロの指マンテクニックを見せてくれます。視聴者は、部屋の中に大きく響き渡る指マンの効果を確認してみてください。指マン責めが成功すると、女体からオマンコ汁が溢れてくるので、男優が指を動かすたびにエッチな音が何度もするようになります。オマンコ汁の量は女性の個人差があるので、素人の人は、そこには注意しましょう。

中盤では、美術系女子大生の長時間の濃厚フェラの後に、男女での正常位合体があります。視聴者は、この中盤で美術系女子大生が凄い美白の女性だと気づくはずです。女子大生の先祖は東北地方の美白女性だった可能性もあるような気がしました。その後は、美術系女子大生が男優に思いっきりしがみついて正常位で大絶頂に到達すると、嬉しそうに腰を振りまくる対面騎乗位があります。女性というのは、本気で絶頂に到達すると男優に感謝の気持ちを伝えるために積極的に腰を振る場合があります。今回の嬉しそうな騎乗位も、そのパターンの1つだったような気がしました。

後半は、美術系女子大生の白い美尻に興奮した男優が、バック挿入で長時間に渡って頑張っています。美術系女子大生は、バック挿入で2回連続の絶頂に導かれていました。男を興奮させる尻という言葉がありますが、まさに今回の美術系女子大生の白い美尻は男を興奮させる良い尻でした。やはり、女性の魅力は顔だけでは決まりません。最後は、美術系女子大生が本気でアヘアへ顔になっている状態でのゴム装着フィニッシュです。

オマケ映像として、セックス終了直後の5分くらいのシャワータイムなどの映像が付属していました。総括をすると、この作品は、肉体がムッチリ系だけど頭が良さそうで白い美尻で興奮させてくれる女性が好きな人に向いている作品だと思いました。前述をしたように顔の魅力と尻の魅力は違います。

サンプル画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です