《過激》【電車痴漢】健康肌が眩しいスポーツギャル #12

《過激》【電車痴漢】健康肌が眩しいスポーツギャル #12
《過激》【電車痴漢】健康肌が眩しいスポーツギャル #12

こんにちは。ムチムチのミニスカ美脚でプリプリ尻を振って歩くギャルがおりましたのでたまらず触った時の動画です。とにかく肌が健康的なムチムチで、黒いニットの上からでもわかるスイカップ巨乳、はち切れそうな若さのフェロモンが太ももからムンムン出ております。うなじからもオスを誘う匂いをプンプンさせております。舌の肥えたイケメンに毎夜抱かれるA5ランクの肉体だとおもいます。私の卑屈な精子でこの極上の体を汚してみたくてペニスが固く腫れあがりました。無茶苦茶にしてやろうと血がたぎりました…最近は電車に乗れずやりきれない思いをしている同志の方も多いと思います。幸いわたしには1月、2月、狂ったように駅を徘徊し撮り溜めた映像がたくさんございます。順次編集し公開していきますので、あの満員だった頃に想いをはせながら自宅待機でつのる劣情をはき出していただけると幸いです。パンチラ盗撮、痴漢、ストーキング、自宅盗撮、住居侵入、睡眠姦を記録した85分間の動画です。①信号待ちをする美しい生脚にすいよせられ撮影開始。視線を上げると…顔もかわいくて大当たり。はやる気持ちをおさえながら追跡②コンビニ店内、駅のホームで執拗に太もも撮り。姿撮り、顔撮り。③電車内での痴漢。瑞々しい弾力のふともも・尻を撫でまわす。勝気なギャルかと思いきやじっと我慢。パンティを切りペニスを挿入。中出し。④駅に着き走って逃げる彼女。自宅まで尾行。マンションを特定。⑤郵便受けからファイバースコープを差し込み盗撮。大胆にTシャツを脱ぎシャワーに向かうタゲ。ものすごいおっぱい。⑥ピッキング侵入。ク●●ホルムを入念に吸わせ、睡眠姦。膣内に射精してもまた大きくなるペニス。おっぱいにもぶっかけて精子を塗り込み逃走

イケイケのギャルで、ほぼほぼ満足!

いいね!ギャルだよ!ギャル!昔のギャルはもっとギャルだったけれど、残念な事に絶滅危惧種となってしまい、街中で発見をする事が困難な状況になりますよね。でも、いると所にいけばいますよね。三十路過ぎてから、なんとなーく、友達と集まって大晦日を迎えて、日付も変わって年も変わったし、このまま初詣行ってみるか?となりましてね。実際に行ってみたら、同じ町に住んでいるはずなのに、こんなにギャルいたの?と言う位にギャルがいました。活動をする時間帯によってはギャルを発見する事は可能。と言う事を理解しましたね。

今作に登場をしている女性は、個人的にはグッド!ましりとさんの作品のシリーズ作品では、概ねパイパンが多いですかね?あくまでも主観になるのですが、そんな印象を受けます。今作に登場をしている女性についてもルックス的にはパイパンだろうな。と思っていたのですが、ボーボーでした。一番嫌いなのは、ちゃんと手入れをしている。いつでもセックスに備えている女性になるのですが、こうしたボーボーは良いですよね。

流れ的には他のシリーズ作品と同じになるのですが、女性の見た目のルックスが自分の好みと言う事もありまして、盗撮と言う事になっているシーンも、その後の痴漢も侵入をしてのシーンも自分の中では一定水準以上の楽しみを持って拝見をさせて頂きました。特に挿入前の指でいじっている音ですが、ここ数ヶ月以上は直に聞いていない、ぴちゃぴちゃ、、と言う卑猥な音声がしっかりと収録をされていて良かったですね。

今作に関しては、自分の中で、残念!と思えたのは、これまでの作品シリーズ、すでに購入をしている作品もあったりしたのですが、こうしてサイトで紹介をするレビュー記事にする関係上、ナンバー的に順番に見ているのですが、ここまでずっと顔射フィニッシュとなっているのですが、今作では胸元に向かっての射精となっていました。この点だけは自分の中で、どうした?と言う気持ちになりましたね。

《過激》【電車痴漢】健康肌が眩しいスポーツギャル #12

サンプル画像

ましりと=蜃気楼でU-NEXTで配信中!

Pコレで人気販売者の一人となる、ましりとさんが、蜃気楼と言うメーカー名義でU-NEXTの見放題コースに参入となりました! サブスクリプション特有となる、いつなくなるかは分からない。ダウンロード不可。と言うデメリットとリスクはありますが、高画質でストリーミング再生をいつでも出来る!と言う大きなメリットがあります。最新作品については、流石に提供をされていないと思いますが、Pコレで購入前にチェックをする為の活用としては、大いにありです!

作品、他、各種サイトリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。