禁欲10デイズ!ヤリたい衝動MAXセックス2

禁欲10デイズ!ヤリたい衝動MAXセックス2

禁欲10デイズ!ヤリたい衝動MAXセックス2

この作品は、『小野寺梨紗』にセックスを10日我慢させたらどうなるかという企画です。貞操帯をしようしたり、女優さんに企画の真の目的を途中まで隠していたりと面白い試みもしているので完成度が高い作品です。

補足をすると、企画作品では真の目的を女優さんに最後まで隠して進行するドッキリ作品と、ちょうど真ん中でネタバレさせて驚かせる作品の両方があります。今回の作品では、中盤に真の目的が『小野寺梨紗』さんに告げられています。

では、ここから作品の流れについて詳しく書いていきます。

序盤では、インタビューの後に本格的なオナニーの場面があります。ピンクローターと極太バイブと小型電マを使用した5回以上連続で絶頂するオナニーは素晴らしいです。小型電マを卑猥なクリトリスに押し付けながらオマンコに極太バイブを突っ込む2刀流のオナニーは、素晴らしい名人芸だと思いました。

中盤では、セックスしましょうと男優に言われた『梨紗』が挨拶がわりに男優のペニスを長時間責めまくって『隠語責め手コキ』を見せてくれます。「硬くして!硬くして」と梨紗が叫ぶと男優は我慢出来ずに射精をしてしまいます。ここで、監督らしい人物が出てきて、今日は本番挿入はなしです。貞操帯を装着して10日後に再び撮影ですと衝撃の目的を宣告します。

念のために書いておくと『梨紗』さんは、「やだ!やだ!」「おちんちん!おちんちん!と叫びますが、結局中盤では挿入は行われませんでした。

後半は、貞操帯を外してもらえた『小野寺梨紗』が、男優2人との3P乱交を楽しんでいます。1本のペニスをオマンコにぶち込まれながら、2本目のペニスを上の口に含む3P乱交は、騎乗位とバック挿入で何度も行われています。後半では、主演の彼女が「凄い我慢したんだよ!!!」「あああっ‼!逝く逝く!逝く!」と叫びながら本気で快楽を求めている姿にも注目してください。

最後は、1回目の正常位中出しの後に、「中に出していいよ!!中に出していいよ!!」と2回目の中出しを懇願する『小野寺梨紗』の姿が映し出されています。

オマケ映像として、撮影終了を宣告された『梨紗』が、勝手に男優のペニスの上にまたがって延長戦を宣言する場面があります。しかし、スタッフは帰宅するので、『梨紗』が延長戦で腰と尻を振り始めた場面でオマケ映像は終了しています。

総括をすると、この作品は『小野寺梨紗』さんは変態で淫乱だったんだと確認できる名作でした。1人目の男に中出しされた直後に、自分から別の男に中出ししてもいいよと言うなんて普通の人ではないなと思いました。でも、これはAVの仕事が本当に好きだから言える言葉なのかもしれません。

『梨紗』さんは、プライベートだと、AVとは違うセックスをするのかが、気になりました。

作品画像

禁欲10デイズ!ヤリたい衝動MAXセックス2
禁欲10デイズ!ヤリたい衝動MAXセックス2
禁欲10デイズ!ヤリたい衝動MAXセックス2
禁欲10デイズ!ヤリたい衝動MAXセックス2

エロカワ性欲モンスター小野寺梨紗ちゃんの性欲の限界を検証する、大興奮の試みを企画してみました。 撮影前はオナニーを控えて本番の性欲を最高に高めてセックスを楽しむという梨紗ちゃん。オナニーで性欲を高めると、やっと本物の男の身体を与えてもらった梨紗ちゃんですが、挿入前に男を取り上げられてしまい。10日間の禁欲を言い渡されてしまいます。かつてない欲求不満になった梨紗ちゃんを出迎える二人の男の上で、イって、イって、イキまくり。溢れ出し、止まる所を知らない女の性欲を納めたこちらの作品、お見逃しなく!

小野寺梨紗のモザイク動画

→をクリックして再生、再生中に動画内をクリックする事で、Dugaの該当作品ページに飛びます。Dugaは1分程度の無料会員登録をする事で、サンプル動画を見まくれる、大手のダウンロード動画配信サイトです。登録だけでもしておいた方が良いですよ♪

Duga無料会員登録ページはこちら

Anal Device Bondage 鉄拘束アナル拷問BEST vol.1

衝撃少女 梨紗

扇風機で涼むTバックのパンチラ女子に発情した俺2

小野寺梨紗の無修正動画

チンポを欲しがる女 ~拘束潮吹き連続中出し~

小野寺梨紗の作品紹介リンク

無修正動画に興味がありましたら、参考にしてみて下さい。
無修正動画の比較ページ(非VR)日本で多分ですが、一番多くのサイトを紹介中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。