「絶対合格」ヤれる!進学塾 受験ストレス発情女子を特別授業でハメまくり

「絶対合格」ヤれる!進学塾 受験ストレス発情女子を特別授業でハメまくり

「絶対合格」ヤれる!進学塾 受験ストレス発情女子を特別授業でハメまくり

この作品は、地方の個別学習塾を舞台にしたエッチな作品です。若い進学塾の講師と女子学生のエッチは現実では、まずありえないというか正確には可能性は数パーセント以下です。理由は解雇されるリスクがあるからです。

補足をすると、若い女子学生の精神的な変化や肉体的な変化は彼女達の母親に気づかれることが多いです。そうすると、芋づる式に男性の塾講師との関係はバレることも多いのです。解雇されたら同じ塾業界での再就職は難しくなることも多いです。

では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、個別塾の講師である男性主人公の身の上話が描かれています。そして、次に可愛い女子学生の中でも気に入っている専属の教え子のことが語られます。(教え子からみたら専属ですが、講師は複数の専属生徒もいます。)

この序盤では、教え子からの挿入セックスの痛さについての相談があり、ついでに大人をおちょくる小悪魔的な台詞が続きます。そうなると、欲望が我慢出来なくなった主人公は自販機で飲み物を買っている最中の教え子を背後から襲ってしまいます。(襲ったのは日曜日の夜だったので、塾の周辺には他の人間はいなかった設定です。)

では、この序盤の見所はどこかというと、それはバック挿入での処女喪失と連続して行われる正常位での中出しセックスです。教え子の女子高生の彼氏が処女膜を上手に破れなかったので、男性主人公が大人のテクニックで処女を頂いてしまったという展開は面白かったと思います。

中盤では、処女喪失した専属の教え子と普通の多くの人がいる時間に塾の中でのセックスが行われています。個別学習塾なので、しきり壁の反対側では別の講師や生徒が勉強している時間帯です。

この中盤では、壁越しの手マン行為と椅子を使ったセックスの場面だけでなくて、大胆な立ちバックセックスの場面も見ることが出来ます。専属の教えこが最後の大絶頂の時に変なアエギ声を出しますが、なんとか塾の同僚にはバレないで中盤は終了します。

後半は、ギャル系の生徒が主人公を大胆に誘惑してきます。彼女は専属の生徒ではありませんが、科目単位で教える生徒なので教え子の生徒の1人になります。

この後半では、塾での別の生徒とのセックス場面を目撃したことをネタにされて、主人公が誘惑されています。ギャル系の生徒は大人顔負けの濃厚フェラで精子を搾りだすと、女王様のように女性器舐めのクンニを要求してきます。このクンニでギャル系生徒を本気で逝かせた主人公には、次に合意の上での本番セックスの権利が与えられることになります。

この後半は、女性側がセックスの主導権をもっている展開でのセックスの醍醐味が何度も伝わってきて、前半とは違う面白さとエロさがあります。

最後は、終電が終わった後の職員室で主人公とギャル系の生徒が中出しセックスを楽しむ様子が描かれています。職員室に鍵をかけてからの立ちバックセックスと机を利用した正常位セックスで、主人公とギャル系の生徒は何度も獣のような声を上げながら快楽の世界に溺れているので迫力があるなと思いました。最大限のパワーを使ったセックスは画像であっても迫力が伝わってきます。

総括をすると、この作品は主人公が2人のタイプの違う生徒とのセックスを楽しんでいたので何度も楽しめます。まるで女体比べという感じになっているのです。

再度書いておくと、教育業界では、教え子に手を出すことが禁止事項です。手癖の悪い先生は再就職が教育業界では難しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ライターT

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。