椿ヶ丘団地の管理人(部と二部、まとめてご案内!)

椿ヶ丘団地の管理人

椿ヶ丘団地の管理人

一部のストーリー概要
木瀬美智子、33歳、母子家庭の母。
○○生の娘を育てる彼女は、仕事をクビになり、将来に不安を感じていた。このままでは団地の家賃すら払えない。そんな時、とある仕事が舞い込んできた。
「ここの管理人になる気ない?」
全編フルカラー116P
二部のストーリー概要
木瀬美智子、33歳、母子家庭の母。
娘の学費を稼ぐために、椿ヶ丘団地の管理人となった彼女。「住民への性サービスの提供」という管理人の仕事内容に、彼女にはとある悩みがあった。
その悩みを、前管理人の塚田恭子に打ち明けるのだが・・・。
高画質全編フルカラー95ページ

一部と二部、まとめてご案内!

一部と二部、まとめてご案内!となりますが、中々面白いです。こう言った、本当は嫌なんだけど、と言う形で足を踏み入れてしまう熟女とか、最高ですよね。

ざっくりと簡単に内容を紹介しますと、団地に住んでいる子持ちのシングルマザーが、家賃免除、加えて給料も出る。と言う事で、リストラをされてしまった代わりに、管理人として働く事になりました。もちろん、アダルトコミック作品になりますので、性的なサービスも含まれています。と言う仕事になります。

この辺り、海外とかどうなんでしょうね?漫画文化自体が日本よりも希薄になりますが、人権と言う観点から制約を受けてしまい、こうした内容の作品の発表は難しいのでしょうかね?

取りあえず、第一部では、お金の為。と割り切って仕事をしているのですが、最後は涙が出てしまう。と言う展開になっていました。では、第二部ではどうか?

仕事にも慣れてきたのですが、それよりも快感を覚えてしまった。と言うありがちな展開になるのですが、最終的には受け入れて貰う事によって見ている側としても安心感を覚えますので、これはこれでグッドな形ですね。

二部ではレズプレイのシーンも収録をされていたりとなっていますが、良く考えてみると、この制度、女性にとっては特別にメリットがないのですが、管理費とかは女性も払っていると思いますので、ちょっと不平等ですよね。

そんな現実ではない話なのに、リアルな事をちょっとだけ考えてしまったりしました。作品自体はオールカラーとなっていて、個人的には好きなサークルの一つとなっている多摩豪作品で良かった。と思います。

人妻作品で最高に抜ける作品

【牝犬奥さん】出張中の旦那さんに今夜のオカズをビデオメールで送りました【パパ出張お疲れさま】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。