少子化を解決する法律ができた結果…

少子化を解決する法律ができた結果…
少子化を解決する法律ができた結果…

こんな作品だったよ!

この作品は、日本政府がもしも、少子化対策のために抽選システムを導入した場合の仮想未来を描いた面白い作品です。抽選とは、妊娠しやい男女を国が選出して、受精するための施設での1回限りの性交を義務化するシステムです。簡単に言えば、選挙の投票のように国民が出向いていくシステムです。補足をすると、不妊治療にも限界があります。不妊治療で妊娠する人もいれば、効果がない人もいます。 簡単に言えば、男性の精子によって妊娠しやすさは大きく左右されているのです。この確率論で、もしも日本政府が動いた場合の想定が、この作品の面白いところです。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、三十路の美熟女が、自分の子供をイジメる悪ガキに注意をする場面が描かれています。彼女は、その悪ガキに嫌悪感を示していて、夫にも、そのことを話しています。そんな彼女に、日本国の少子化対策が抜本的に変更されたというニュースが伝わってきます。妊娠率を効果的に上げるために、前述した抽選システムが導入されたのです。抽選システムに参加する義務がある女性は、子供を1人しか産んでいない女性も対象になっています。主人公の三十路熟女が、抽選システムの相手として、見知っていた悪ガキを紹介されたときの表情に読者は注目してください。三十路の美熟女が、少し困った事態に遭遇したときの表情は、マニアには興奮出来る要素だと思います。理由は、三十路美熟女は、若い女性よりも表情の変化が多くて言葉の内容も本音が多いからです。こういう、三十路の美熟女が困っている時に、近づく男というのは時々います。

中盤では、国民の義務として抽選相手と性交する施設に向かう美熟女の姿が描かれています。施設の下層階で悪ガキと遭遇して、気持ち悪そうにニタニタされたときの美熟女は本当に気持ち悪そうにしています。その悪ガキは、自分の息子をイジメていた悪ガキですから、今日だけは我慢するつもりであっても、上層階に上昇するエレベーターの中から尻と胸を触るセクハラが開始されてしまう、美熟女は怒った顔をしています。こういう運命に逆らえない女を抱けるチャンスに遭遇した男の気持ちは、変態的な性癖がある人ならば、よくわかるはずです。本当に、こういうのは男にとっては涎(よだれ)を垂らしたくなる幸運です。この中盤のエロい見せ場としては、1つ目に日本の学校で女性は絶頂に到達する時が妊娠しやすいと教えたり、舌や腰の動かし方まで教えている授業場面があることです。こんなエロ授業があったら、みんな真面目に勉強すると思います。エロい見せ場の2つ目については、美熟女が悪ガキに1回戦で、全身を舐められている卑猥な画像があることです。嫌々なのに、舌で徐々に感じさせられた美熟女は、名器のオマンコの締め付けで悪がきを早期中出し射精に追い込みます。しかし、悪ガキはスグに回復して2回戦を希望する言葉を吐く部分にも注目してください。

後半は、美熟女が悪ガキに複数の変態的な体位で何度も中出しされている場面に読者は大興奮出来るはずです。2回戦で再び正常位中出しされた美熟女は、次にバック挿入で逝かされた直後に、変態的な燕返しという体位で片足を持ち上げられながら3回目の中出しをされています。意外と、悪ガキが10代で燕返しを冷静にマスターするには特訓が必要なので、この悪ガキは応用能力が高いんだなと読者は理解してください。最後は、対面座位をしながら悪ガキに4回目の中出しをされた美熟女が、翌日に目覚めた直後にも朝立ち勃起でのセックスを希望されて、バックと正常位で連続中出しされている場面が描かれています。

総括をすると、この作品は美熟女が合計で6回以上中出しされています。そして、美熟女が徐々に女体を開発されて連続絶頂する体に変化していく様子も見事に描かれています。三十路の女性では、複数回の連続絶頂の体験がない女性もいます。そういう女性は初めて連続絶頂を味わうと、人生の考え方が大きく変化することもあります。この漫画の美熟女の主人公もそうでした。読者は、この漫画の作者が美熟女が感じているように描くテクニックがある事にも、最後のほうで気づくはずです。くれぐれも、現実のリアルの場では、三十路熟女が避妊を希望したら、ゴムを装着してあげてください。子作りは責任をもたないといけませんから!!

作品サンプル画像

商品リンク先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。