ロッカーの中で発情しちゃっていちゃらぶセックスしまくる話

ロッカーの中で発情しちゃっていちゃらぶセックスしまくる話

ロッカーの中で発情しちゃっていちゃらぶセックスしまくる話

この作品は、ロッカーと言う狭い空間で学生達が告白と中出し体験を連続体験している清純要素もある作品です。この作品では、旧校舎と言われる古い校舎が登場することから、地方都市に学生達は住んでいると推測できます。

補足をすると、旧校舎と新校舎の違いは、使用しているかどうかの違いが明確なことが分かれ目になることが多いです。もちろん、旧校舎はスグに取り壊される場合もあれば、他の利用方法模索のために残されている場合もあります。

では、ここから作品の詳細について詳しく書いてきます。

序盤では、旧校舎で若い男子学生が女子高生に向かって告白をしています。何故、そんな場所で告白するのかというと思い出があったり、効果的な演出などを学生が考えた結果のようです。

この序盤では、女子生徒が男子学生の告白時期が遅いと𠮟責(しっせき)したり、先生たちが見回りに来た音などが表現されているなど、読者の予想を超える展開が次々に起きています。ドキドキ感が好きな人ならば序盤から楽しめるはずです。

中盤では、不法侵入する人物がいないか見回りに来た先生達から逃げるためにロッカーに隠れる2人の学生達の様子と、ロッカーから脱出できなくなるトラブルの様子の連続行為が順番に描かれています。

ロッカーの中で脱出出来なくなるなんて考えていなかった2人は、中盤である決断をします。それは、好き同士なんだから、翌日に誰かに発見されるまでエッチなことをしてしまおうという決断です。

後半は、キスと乳首愛撫(あいぶ)の後に、ペニスを大きく勃起させるために努力する少し経験不足の男女の姿が表現されていますが、きちんと挿入結合した後は上手にピストン運動をしています。

この後半では、好きな男のペニスの感触を楽しむ女子生徒と、好きな女のオマンコの温かみと締まり具合を楽しむ男子生徒の心理面が丁寧に描かれています。この経験不足の男女が本気で求めあう姿は、感動的な部分もあり読者は2倍興奮出来ます。

最後は、ピストン運動の衝撃でロッカーがひっくり返る様子と、希望する中出しを達成する男子生徒の心理描写が丁寧に描かれています。

総括をすると、この作品は鬼畜系の作品や無理やりレイプ系の作品が苦手な人にもオススメできます。それから、女子生徒側の心理描写も丁寧に描かれており、相思相愛(そうしそうあい)の関係でのセックスも良いなと思わせてもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ライターT

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。