クソ上から目線の姪っ子を催●術で恥かしいお仕置きをする。

クソ上から目線の姪っ子を催●術で恥かしいお仕置きをする。

クソ上から目線の姪っ子を催●術で恥かしいお仕置きをする。

女の子がかわいく書かれているだけに、もうちょっと男もちゃんと書いてあげたらいいのにって、設定をガン無視で思ってしまいました。催眠術で生意気な姪っ子に、キモイ外見のオジサンがセックスを教え込むという、これまた使い古されまくっている設定です。ただ、そんな設定でも女の子がかわいいので、全然見れます。制服も丁寧に書き込まれていて、メッチャかわいいです。

特に何をして分けでもなく、道具とかも使わずに、あっという間に催眠術を掛けるのが、めっちゃ笑えました。こんなに簡単に催眠術を掛けられたら、犯罪的な事もし放題じゃんって真面目に突っ込んでしまいました。マンガなんだから、何だっていいじゃないくらいの、おおらかな気持ちで読むのが、楽しむコツですよ。

プレーが始まると、催眠術にかかりながらも正気な思考はできているけれど、身体が言うことを聞かないというギャップがいいです。やはり、嫌がりながらも気持ち良くなってしまうという描写がないと、この設定ではおもしろくないです。制服を脱いで露になるブラジャーやパンティのデザインも、本当に女子高生が着ていそうな感じがしていて、リアリティがあります。良く分かっています。

身体の感度まで自由に操られるようで、マジでこのおじさん天下取れるくらいの催眠術の使い手です。最終的にはオジサンのテクニックにメロメロになってしまい、中出しフィニッシュです。避妊とか考えないのが、マンガらしくてすごくいいです。

クソ生意気で俺の事が嫌いな太ももムチムチの●●に催●術を掛けてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。