ここが気持ちいいの ~性感帯を探し当てられイキまくり中出しセックス~

ここが気持ちいいの ~性感帯を探し当てられイキまくり中出しセックス~
ここが気持ちいいの ~性感帯を探し当てられイキまくり中出しセックス~

この作品は、明るい性格の熟女さんが登場する作品です。熟女さんは美人ではないけど、人情味のある会話と個性的な感じで男優を喜ばせていました。視聴者も中年体型の熟女さんが逝くところを見たいという感じだったら楽しめると思いました。補足をすると、AV女優には、自分を逝かせたことがある男優さんを覚えている人と、忘れてしまう人の両方がいます。この作品に登場する『こずえまき』さんは、中年体型ですが男優との体験を大事にする人情味のある熟女さんです。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、男優との雑談で盛り上がる中年体型の熟女さんの姿が映し出されています。彼女は自分を逝かせてくれたことがある男優との再会を本気で喜んでいました。この序盤では、人情味のある熟女さんにオナニーをしてもらって盛り上がる予定でしたが、人情熟女さんが指を突っ込んだオナニーで笑い出してしまい逝けなくなってしまいます。そこで、エッチな援軍としてピンクローターや小型電マや極太バイブなどが次々投入されて、とりあえず何とか1回目の絶頂に人情熟女を導くまでが序盤です。視聴者は、とりあえず序盤は雑談の延長と思って、ゆっくり視聴してみてください。

中盤では、秘密兵器の、本体の先端はタコの腕のような卑猥運動をする変態バイブが登場します。この変態バイブには枝分かれの別部分もあり、そこも振動して卑猥なクリトリスを同時刺激するようになっています。こんなタコの腕のような変な動きをする変態バイブによって、人情熟女は「うわん!!!うわあああ!!!!うあんん!!」という絶叫声を出しながら2回目の絶頂を迎えていました。視聴者は、中盤に投入される秘密兵器の威力を楽しめたら、この作品を普通以上に評価出来ると思います。逝かされた人情熟女は、「何これ!!何これ!あまり好きじゃない!」と言っていますが、これは強制的に秘密兵器で逝かされたことに対する驚きの動揺(どうよう)から出た言葉です。視聴者は言葉の裏読みをしてみてください。

後半は、人情熟女が男優の指マンで濡れマンにされた御礼に金玉舐めまでしています。そして、その後に正常位で合体です。正常位では普通の女体感度でしたが、対面騎乗位とバック挿入では「いぐう!!!」「いぐう!!」と言う方言が混じった絶頂の合図を何度も叫んでいました。「逝く」と「いぐう!!」では、濁点が付くという違いだけではなくて、男性の脳に対する刺激も違ってきます。「いぐう!」と何度も濁点を付ける女性は、地方都市や田舎での生活が長かった場合が多いです。最後は、男女が思いっきり中出しを楽しむ展開が楽しめます。男優は中出しする時に、人情熟女の片足を大きく持ち上げながら奥まで勃起ペニスを突っ込む変則的な体位で中出しをしていました。総括をすると、この作品は序盤は少しテンポの悪さが気になりますが、男優の奮闘で人情熟女がしっかり攻略されています。この作品の中で人情熟女は4回以上は絶頂に到達していました。

作品サンプル画像

前回遊んで頂いた時にとてもよくして頂いて思い出したらとても楽しかったので、とSEXしたいなとまた来てくれたこずえまきちゃん。男優さんのテクニックにとことん惚れ込んでいる様子。こうしたら気持ちいいとか、探りながら楽しくセックス。オナニーでどこで感じるとか、おもちゃを使って、野太い声で昇天!そして、手マンでテクニック炸裂、潮吹き!これは勉強になります!最後はもちろん中出しでフィニッシュー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。