双子の甥のおば孝行

双子の甥のおば孝行

双子の甥のおば孝行

安藤希美、37歳、専業主婦。
双子の甥っ子を一日預かることになった希美。遊び盛りの彼らを相手し、ふと疲れた表情を見せた希美に、甥っ子たちは提案した。
僕らがマッサージしてあげるよ!
母親にいつもしてあげてるというマッサージを、彼らは希美にも施すことに。手慣れた手つきでマッサージをする甥っ子たちに、初めは希美も感心していたが、そのマッサージは次第におかしな方向へと進んで行く。
服を脱がされ、胸を揉まれ、そして股の際どい部分まで触られる希美。おかしいと感じつつも、まるで愛撫のような彼らの手つきに、希美の身体が徐々に溶かされてゆく。
そして彼らの手は、希美の乳首を、そしてクリトリスを弄り始めた・・・。
—————————————–
全編フルカラー50ページ+おまけ

多摩豪の絵柄が変わって残念

多摩豪どうした?絵柄が確実に変わってしまっていて、自分の中ではかなりランクダウンをしている作品となってしまっていました。最初の時点で書いてしまいますが、過去の作品の方が圧倒的に自分の中ではお薦め度としては高めとなっていて、こちらの作品はお薦めをする事がないレベルですね。

人妻が登場をして、甥っ子の双子にマッサージとしてセックスをする。と言う内容です。双子は母親から、これがマッサージだよ。と教えられているらしく、悪気が一切ない形でセックスをしておりました。ストーリー的にも、ちょっと自分の中ではイマイチの部分が残る作品となっていましたね。ただ、それよりもやはり絵柄ですかね。

初期の頃の多摩豪作品では、陵辱度も高くなっていたのですが、今作はなんだかんだで、被害者がいない。と言う形になりますので、その点も自分の中では、ちょっと消化不良の原因になったかもしれません。全体的にトーンダウンをしてしまったな。と言う印象ですし、最新作品についても、昔の絵柄とは違うテイストになっていたので、購入を見送りました。

絵柄が戻ってきてくれたら、また購入などをしていき、読んでいきたいな。と思うのですが、現時点では一旦ストップを自分の中でしておきたいと思います。アダルトコミック界隈では、圧倒的に電子書籍化が進んでいて、古本屋に行けば、クソ大量に安値で購入可能な状態となってきましたので、大量に仕入れをしてしまったので、少しずつ消化をしていきたいですね。

人妻作品で最高に抜ける作品

【牝犬奥さん】出張中の旦那さんに今夜のオカズをビデオメールで送りました【パパ出張お疲れさま】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。