Debut Vol.62 ~細身美人が味わった感激するほど気持ちいいSEX~

Debut Vol.62 ~細身美人が味わった感激するほど気持ちいいSEX~
Debut Vol.62 ~細身美人が味わった感激するほど気持ちいいSEX~

この作品は、近所の普通のお姉さんと言う感じがある楠セナちゃんが登場する作品です。普通の女性に興奮する人ならば、普通の女性にペニスを突っ込む幸せが理解出来るはずです。補足をすると、AV女優が美人じゃないと仕事が増えないという感じになったのは不景気の平成後期くらいからです。しかし、美人を見飽きた人たちから、女体反応も加味した評価に徐々に移行してきているような気もします。理由は、令和のコロナ不景気に笑顔を見せない人形タイプの美人だと元気が出ないからです。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。序盤では、男優のペニスを簡単に握ってみただけの楠セナちゃんに、男優が立ちバック挿入を開始します。濡れていないけど大丈夫かなと思っていると、オマンコは丈夫そうで腰を振って仕事はしてくれています。

中盤では、男優からもらったピンクローターでオナニーを開始した楠セナちゃんに、次に快楽が2倍になる複数ローター責めが行われています。方法としては、ピンクローターはオマンコに突っ込まれ、白色ローターがクリトリスに押し付けられる感じです。こういう2点責めはAVだからみられるものです。この中盤では、電マ変態フェラと言うのが1番興奮出来ました。方法は、オマンコに小型電マを押し付けられた『セナ』ちゃんが、男優のペニスを咥えるという方法です。視聴者は、自分の彼女にやったら変態と言われて逃げられるプレーを、男優さんがAVで代行実施していると思うと楽しめると思います。個人的には、男優は優しいタイプかなと思いました。もちろん、監督の指示の上で行うプレーですが、女体に対する触り方に優しさが感じられました。

後半は、正常位で合体してから、四つんばいバックと騎乗位があります。特に、四つんばいバックで2連続逝きをする最中に、「そこダメ!」と大声で叫ぶ『セナ』ちゃんのアへアへ顔は素晴らしかったです。基本的に、セナちゃんは、騎乗位や四つんばいバックの体勢のときのほうが正常位の時よりも可愛く見えました。最後は、男優が正常位で思いっきり中出しです。総括をすると、今回登場する男優は、前述したように女体の責め方が優しくて同時に丁寧な男優でした。後半には女体全体を舐めたり、濡れマンコに自信をもって指2本挿入している場面もありました。普通のお姉さんタイプの楠セナちゃんが、男優の優しい責めで合計7回ほど絶頂体験する部分に興奮出来る人は、この作品で得した気分になれると思います。

作品サンプル画像

照れたような笑顔がとってもキュートな細身の美人「楠セナ」ちゃんは魅力たっぷりの新人さんです。 丁寧にインタビューに答えてくれたら、早速オチンチンとご対面です。照れながらも笑顔が止まらないセナちゃんはドキドキしっぱなしで、まだ心の準備ができる前なのにすぐさまバックで挿入されてしまいます。びっくりしながらもアソコはすっかり濡れちゃいます。その後はすっかり緊張がもほぐれて身体もあったまったセナちゃんは、素直に大好きなオチンチンを口いっぱい頬張って、何度も挿入されて今まで感じたことのないくらいの快感に大興奮で本気でイっちゃってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。