大事な人を失った淋しさが未亡人と義兄をタブーに誘う

大事な人を失った淋しさが未亡人と義兄をタブーに誘う
大事な人を失った淋しさが未亡人と義兄をタブーに誘う

この作品は未亡人物の企画作品なのですが、未亡人の色気が少し足りない作品でした。主演は柊麗奈ちゃんですが未亡人の演じ方が少し理解できていない感じでした。補足をすると、AV女優さんも芸能界の女優も両方とも未亡人役が苦手な人がいます。大事な人を亡くした気持ちを体や声で誰にでも理解出来るように表現することは意外と難しいです。そして、ヤンキー系統の未亡人なんていう設定で演じたら、そんなの未亡人じゃないという苦情もテレビ局にくることもありえます。そういう意味では、未亡人役というのは、誰でも好演できる役ではないのです。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、未亡人の柊麗奈ちゃんが喪服で夫の死を嘆いています。しかし、なんとなく気が抜けた感じで泣き顔ではありません。何故か、ヤンキー未亡人という感じを受けました。この序盤では、謎の仮装マスクで目元を隠した義理の兄も登場していて、仮装マスク兄とヤンキー未亡人のお笑いコントのように見えました。

中盤では、義理の兄が未亡人を言葉で誘惑していきます。未亡人も激しい抵抗はせずに喪服を脱がされても逃げる気配はありません。義理兄は未亡人を四つんばいにさせてから卑猥なオマンコを舐めていますし、その後に未亡人も喜んで義理の兄の金玉を舐めています。そして、登場する2人は、お互いがモラルの低い人間だったと再確認出来たら喜んでシックスナインまでしています。この中盤では、視聴者は変態な男女が楽しんでいるなという感じで映像を見ると楽しめるのかもしれません。

後半は、全裸で合体してから、正常位やバックや騎乗位を次々と楽しんでいるように見える未亡人ですが、何故か女体反応が映像から伝わってきません。たしかに、オマンコに勃起ペニスは挿入されています。理由を考えると、女優さんが未亡人役に興味がなかった可能性と、監督が女優さんに対して簡単な指示しかしていなかった可能性があります。

最後は、義理という感じで正常位中出しです。中出しされた未亡人役の柊麗奈ちゃんが、「お兄さんとエッチっしちゃった!」と叫ぶ場面も今更(いまさら)感が漂っていました。総括をすると、この作品は未亡人作品の中でも問題作だったのかもしれません。柊麗奈ちゃんには、父や恋人が交通事故で亡くなって気弱になっている時に、別の男に誘惑される設定のほうが演じやすかったのではないかと思いました。

作品サンプル画像

若くして大事な夫を亡くしてしまった柊麗奈さん、夫のお兄さんにすがる思いで頼りにしていたらとんでもない展開に…。寂しく落ち込んでいる麗奈の肩に手をかけ、だんだんスキンシップが増えてくる義兄の手に、感じてきてしまいまう麗奈さん。ストッキングを破られて股間を攻められると、身体はもういうことが聞きません。義兄の方も、そんな彼女の反応を見て調子に乗り出します。大きくなったオチンチンをすがる思いで舐め始める麗奈。きれいに剃られたパイパンを開いてオチンチンを挿入されると気持ち良すぎて自分でも腰を振りまくり、一時夫のことは忘れてひたすらSEXで気を紛らわせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

さくら企画のライター募集ページから応募をしてくれた、真面目なナイスガイ。気合い漲る文章を書いてくれていて、さくら企画.jpの管理人は非常に助かっています。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。