【VR】「大嫌い…」夫の上司であるアナタに中出しされるまで腰を振る、権力屈従VR 森沢かな

【VR】「大嫌い…」夫の上司であるアナタに中出しされるまで腰を振る、権力屈従VR 森沢かな
【VR】「大嫌い…」夫の上司であるアナタに中出しされるまで腰を振る、権力屈従VR 森沢かな

夫の上司に犯●れる人妻・森沢かな。抵抗することもできずただ命令されるがままに痴態を晒す。「大嫌い…」「最低…」思わず漏れる本音を口にし、悔しさを滲みだしながらどうすることもできずにただ腰を振り続ける。自制心と心の葛藤が残る人妻を言いなりにする優越VR。

良い点もあれば悪い点もある作品でした

森沢かなちゃん。またの名は飯岡かなこちゃん。今は30過ぎているでしょう?美人ですよね。二十歳そこそこ位の時の無修正動画がありますので、興味のある方は下のリンク先からどうぞ!リンク先は東京熱になります。最新作はサッパリとなっていますが、それまでの旧作をダウンロードして楽しむイメージの作品ですね。

今作については良い点もあれば悪い点もある感じでしたね。好みも分かれる点ですが、まずは気に入らないと思った点から書かせて頂きたいと思いますが、正常位フィニッシュアングルが近過ぎ。へそすら見えない位の接近アングルとなりますが、だからさー、これ何度も書いているのですが、普通のセックスで、この距離感で正常位をする事なんてないよ。デバイスはクエスト2が首位になっていると思いますが、距離感を近づける事が出来るので、近いアングルで楽しみたい人はズームにすれば良い。一番離している設定にしているので、これはないわー。となりますね。

次に作品の開始が唐突過ぎますね。もうタイトルから、勝手にユーザーが理解をしていますよね?と言う感じになっていて、ホテルで森沢かなちゃんが、お酌をしているシーンからとなっていて、ちょっとすると、主人がご迷惑をお掛けしました。と言う話をするのですが、タイトルから、ある程度以上のイメージを固めておかないと、わけワカメ?と言う状態になります。もう少し丁寧な説明を文章でも良いから入れて頂きたいですし、会社でのシーンから始まっても良かったと思います。

ついでに書けば、スタッフでも良いので、旦那も最初に登場をさせてとか、色々と工夫出来た所があるんじゃないの?と思いますが、そうした事が一切ない状態となります。

では、良かった点です。これは森沢かなちゃんが美人である点。騎乗位での距離感とアングルが良い。そして挿入された状態で旦那との電話タイムがある。この浮気セックスをしている最中の電話タイム。個人的に好きです。まー、それ位ですかね。

うーん。色々とちょっと辛口に書かせて頂きましたが、現時点では溜池ゴローVRは3本しか出ていないので、これからですかね?2021年10月の作品となりますが、画質レベルはどうだろう?部屋の明るさ的に色の濃淡はハッキリとしているのですが、動きには甘さが残りますね。個人的には、もうバリバリ海外サイトで6Kが最低基準みたいな感覚で楽しんでいるのですが、Fanzaの作品はハイクオリティでダウンロードをしています。ウルトラハイクオリティでダウンロードをするには、時間が掛かり過ぎて無理。
この辺りはFanzaのサーバーや仕様がクソ過ぎる。皆さんも、ドンドンと抗議した方が良いですよ。パソコンにダウンロードをして、それをクエストに移動をさせる。と言う形式で視聴可能になれば、ウルトラハイクオリティでダウンロードをしても構わないと思うのですが、クエスト2に無線でダウンロードって、逆に皆さんどうしていますか?ファイルが一つずつしかダウンロード出来ないですよね?昔は夜中寝ている時に複数ファイルをダウンロード設定しておけば、起きたらダウンロードが終わっている。と言う形でしたが、今のFanzaは接続が切れまくって、ダウンロードに失敗をするは、一つずつしかファイルのダウンロードが出来ないわ、仕様がクソ過ぎる。ウルトラハイクオリティの画質なんて、ストリーミング再生でまともに見る事が出来る訳がないじゃんん?

サッサと何とかしろよ。と言う話ですし、日本人をメインに相手をしているアダルトサイトって、結構この辺りのサーバー事情が客を舐めまくっていて、気に入らないですね。これは作品とは全く関係のない話になりますが、時間が掛かり過ぎます。アダルトフェスタはダウンロードに時間が掛かり過ぎて、これも難がありますが、確か直接クエスト2にぶちこんで見れるんじゃなかったでしたっけ?間違えていたら、ごめんなさい。前に入会をして購入をして見た時のデバイスが何だったのか?思い出せないです。

作品に話を戻しますが、取りあえずは溜池ゴローがVRに参加をしてくれた事に祝杯をあげましょうや!と言う作品です。

イメージ画像

作品、他、各種サイトリンク

お勧めの無修正VRサイト

大型連休は終了をしましたが、まだ間に合う!と言う事で、記事アップをしたのがギリギリの時まで、上記ページへの誘導はしておきたいと思います。別のドメインサイトになりますが、管理人は同一人物になりますので、安心して読んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

気が付いたら世間的に一番有名なサイトが『さくら企画』のレビューサイト、『さくら企画.jp』でした。なんと言う事でしょうか?もっと世の中に胸を貼って言えるサイトが良かったのですが、しゃーない。さくら企画.jpの管理人さんです。